茶色の朝に向かう日々へのレジスタンス。

風景は、こんなにも、季節に彩られて行くのに。
世界は、こんなにも、茶色の朝に向かっている。
d0018646_00293277.jpg
もしも、まだ、あなたの頭が、思考をやめず。
もしも、まだ、あなたの感覚が、呼吸をやめていないのならば。

その目は、不透明に染められる、空気の色を捉え、
その耳は、構築されゆく、新「戦前」の不協和音を聴き、
その鼻は、執拗にまき散らされる、馬鹿げたプロパガンダの匂いにやられ、反吐を堪え切れずにいるだろう。

そして、気付いているに違いない。
狂気を孕んだ、この不穏な気配に。

心底の震撼と、憤激を禁じ得ないのは、
独裁へとひた走り、着々と、戦争への舵切りを企てる、国家の暴挙。

このまま、我らが祖国を、再びの戦争へと向かわせないために。
子供、友人、恋人、家族、大切な人々を、戦地へと向かわせないために。


一人では無力であることを、知っているからこそ。
私たちは、智慧を集め、抵抗という名の闘いを続けなければならない。
この時代に、生を受けたものとして。

今を諦めることは、未来を放棄することに同じなのだから。

_UNITE.



※『茶色の朝』:突然「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことで起こる変化を描いた、反ファシズムの寓話。
心理学者 フランク・パヴロフ(著)、ヴィンセント・ギャロ(挿絵)「Brown Morning」、哲学者 高橋哲哉(メッセージ)。

※ Photo:2013年12月6日(金)特定秘密保護法に反対する抗議行動の夜。国会議事堂前。法案は、直後に採決。

※ 関連:『
チャップリンの「史上最高のスピーチ」


⇒これまでの「写真とことば」/⇒「時代」の項/⇒「新「戦前」」の項/⇒「ACTION!!」の項



by makisaegusa | 2013-12-14 23:29 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/20078959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 武井 忠幸 at 2013-12-20 23:01 x
そう! 遣るしかないんだ。
こんなクソのような人間達に奪われてたまるか。 未来の為に。
今、この瞬間の為にね。

レジスタンス!レジスタンス!
Commented by makisaegusa at 2013-12-21 01:17
> タケイタダユキ

イエス。
アクト。
ユナイト。
<< あたらしい「みかんのむきかた」... COLLAGE CARD #9... >>