WA RA SHI BE 2010 : #71 Edamon.

ブツブツの一期一会に歓喜する、私の物々交換遊び『WARASHIBE2010
いかなるものを手にしていようとも、あの世には、なぁんにも持ってけないという、この世の理までをも娯楽する、壮大なるプロジェクト!
「誰でも、人生に一度きり」を参加条件に、私が生きてる限り、ズンズン続く、人生まるごとの遊び企画!!

しばしのご無沙汰でゴザイマシタ。
・・・が、遂に本日、待ちに待った、ニューなワラシベが到来!ヤッター♫

今回の物々交換により、エミルカからやってきた、前回のワラシベ「#70 Emiruka : "SKYTREE" Limited items - "スカイツリー"限定アイテム!」は、
ガラス細工のイリュージョニスト、ガラス作家 えだモン (江田明裕)による、美貌のガラス作品に変化!

ギャワォーーーー☆なんて、スペシアル!!!
これぞ、物々交換の真骨頂、ノンストップ・ヨダレ級歓喜!!(笑)
d0018646_201698.jpg
#71 Akihiro Eda a.k.a. Edamon : Teleidoscope - テレイドスコープ


これは、えだモンと、万華鏡作家さんとのコラボレーション作品「テレイドスコープ」!!
「テレイドスコープ」とは、万華鏡の一種で、先にガラス玉が付いた物のこと。()
しかも、この作品は、その先端部分に、彼の制作した、魅惑的なガラス玉(title: 海月 - クラゲ -が、取り付けてあるという、とんでもない贅沢品!
その上、ペンダントになっているから、どこへでも一緒に出掛けられるという、親切愉快設計。

以下は、私が、楽しんだ絶景の断片。(↓)
まるで、めくるめく宇宙!どこまでも、未知との遭遇!!
d0018646_158120.jpg
それでは、今回のワラシベの主、えだモンからのコメントをどうぞ。
実は、彼の手描きメッセージの文字が、これまた、最高に味わいがあって、にやけてしまうほど、私好み。ウヒヒ・・・


『No.72 WARASHIBE様へ

はじめまして。僕はガラス細工をしているエダといいます。
僕からのWARASHIBEは、「テレイドスコープ」です。
テレイドスコープとは、万華鏡の一種で、一般的に知られているのは、ビー玉を筒の先端にはめて、景色を万華鏡として見る物です。
このテレイドスコープは、僕と万華鏡作家さんとのコラボ作品です。
このテレイドスコープをのぞきこむと、ガラスの模様と景色が一体となり、面白い作品になってます。
ガラス玉は、中の模様はクラゲをイメージしてまして、ボディーは、それに合わせて、海っぽい色を選びました。

クラゲは海を漂い旅する生物。
この作品が、素敵な方のもとに旅立ち、テレイドスコープを持って、素敵な旅をし、
旅先でテレイドスコープをのぞき、素敵な思い出を作ってください。

P.S. 玉はくるくる回るので、回しながらのぞいてね!   江田明裕より。』


次の参加者の手に渡るまでは、えだモンからの"ありがたい助言"に従い、「検品」という名目の下、遊び倒すこと必至の私。
くれぐれも、壊さないように注意しつつ、新たな絶景を、探訪するとしよう。

次回の変化も、お楽しみに。
それにしても、もう71人目とは、ビックリ。
・・・とは言え、今後も、少なくともまだ、半世紀以上は、続く。
ワーーー!!!言葉にしてみて、自分でも改めて驚愕。長ッ!!(笑)



⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒参加者に送られるカード:"参加証明書" 兼 "未来のワラシベ展への招待状"「"WA RA SHI BE 2010"トランプカード:♣W
⇒いままでの「わらしべ」変化全編:『WARASHIBE2010

⇒「えだモン」あれこれ
by makisaegusa | 2013-07-09 23:36 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/19241175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-07-11 07:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2013-07-12 23:31
>♨

ありがとう。

こんなにも、美しいものが世界にあるってことが、また嬉しい。
えだもん本人は、本当にくまもんみたいなのに、この繊細な作品!!!笑
だけど、彼の書く文字が、くまもん寄りで、なんともコントラストが愉しい気持ちにさせてくれます。アハハ

そのアトリエは、岡山の北の方にある、湯郷(ゆのごう)温泉にあって、
いつか、ワークショップに参加してみたいって、ずっと企み中。
箱根で吹きガラスに挑戦したときも、そうだったんだけど、
きっと、ワークショップに参加したら、私、ガラス職人になろうかなと、安易に思うはずー。笑
とっても愉しみ〜☆
<< 先先絵図。 ひょんりろん。 >>