⃞心、⃞身、⃞針。

d0018646_22383436.jpg
決して、私が、あなたを変えたのではなく。
あなたが、「変」わらなければならない自分に気付き、選んだのだ。

私との出会いを、ひとつの契機として。

遂に、動き出した、あなたの時間。
そのはじまりに、祝福を。

自身の意志こそが、人生を力強く、躍動させる。



⇒これまでの「写真とことば」作品/⇒「変化」の項
by makisaegusa | 2013-05-25 22:37 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/18860266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-05-28 08:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-28 08:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2013-05-28 19:14
>‰

「これでいいのだー!」の仲間、「そんなもんなのだー!」。笑
美しいだけの人生なんてないもの。
水面下、必死に足をばたつかせてる、水鳥みたいに、
それでも、それでも、それでも!!
諦めることなんてしないように、前を目指すのです。
無様でも、なんでも。
無駄に思えることだって、他人にとって一切の価値を持たないことだって、それらは、すべて、やってみるだけの意義は、ちゃんとある。
周囲に飲まれて、自分らしからぬ選択をした途端、そこには、自分の人生は、居なくなってしまうのだから。

あなたが、私に、「ごめんなさい」を言う必要がないと言ったのと同じく、
あなたは、自分を、「度胸無し」と言う必要がないと、私が、教えてあげよう。
本当の度胸なしはね、まず、私に出会えないし、笑
何より、どんなにその地が、放射能に汚染されてるかなんてことを認めようともしないんだよ。
その地での暮らしを、今、営まざるを得ないという現実を、歯を食いしばってでも受け止め、
覚悟を持って生きている人は、度胸無しなんて言葉とは、対極にいる人だと、私は、信じます。
Commented by makisaegusa at 2013-05-28 19:14
>‰‰

やるべきは、生き抜くこと。
ただ、それだけ。

心が穏やかであるように。
ほとんど電話に出られてないけど、いつでも、どうぞ、私を呼んで下さーい。えへへ
<< アロマティック紫外線対策:フワ... Destination 0. >>