Destination 0.

d0018646_00138.jpg
世界のどんな場所よりも。
まず、あなたが、目指すべき旅先は、自身の中。

虚栄心や、羞恥心のひとつひとつに、折り合いをつけながら。
狂いのないフォーカスで、深く、深く、核に迫る。

ミッションは、本心が、何を語りたいのかを、知ること。
そして、内なる無限の広さを、知ること。



⇒これまでの「写真とことば」作品/⇒「精神」の項
by makisaegusa | 2013-05-24 22:46 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/18837918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by enzo_morinari at 2013-05-25 18:54
Full Ponds, Cow Words to Become Water Note.
Commented by makisaegusa at 2013-05-28 18:48
> ||||口??帀

!!!!!!!!!!!!!!!!!
なあるほどー!カウは、牛じゃあなかったー。笑
さっすが、言の師。毎度、勉強になります。ありがたや!
Commented by enzo_morinari at 2013-05-30 16:38
「Full Ponds, Cow Words to Become Water Note.」は昭和15年度、
東京帝国主義大学文科一類の入学資格選抜試験における「英語」の
第18問(英文和訳)で実際に出題されたものである(受験者から直接
聴取)。問題作成者は穂積重盛であると言われている。
Commented by makisaegusa at 2013-05-30 23:18
>グェン・スィ

ほっほーう!
昭和15年と言えば、私が、まだ、アッチ側の世界で、
将来、大流行りするという、東大話法を勉学していた頃!
懐かしや、、、の、遠い目。
そうか、あの頃は、帝国主義大学とやらも、斯くの如きセンスを持ち合わせておったということか。
スンバラシ。
もしや、とよ子も受験したやもしれぬ。

渋谷ッ子、世にはばかる。
<< ⃞心、⃞身、⃞針。 アロマティック美人術:クレイは... >>