コントン。

d0018646_23213383.jpg
自分ではない誰かと、関わり合い、生きて行くということは。
閉じられた空間に、吹き込む突風に似て。

時に、奇しくも。
保たれていた、ひとつの世界の調和は、不安定な気流に乱され。
得体の知れない混沌を、抱え込むことにもなるのだけれど。

そこから、改めて、自らを模索し、再構築していく中で、私たちは。
最も「自分である自分」の輪郭を、少しずつ、知り、確かめ、心得て。
比類なき「某(なにがし)か」に迫り、生まれ直し続ける。

幾度も、幾度も。
バランスを崩し、また、整えて。

それは、宇宙を司る摂理に、同じく。
「混沌」を、新たな「調和」の源として、私たちは、日々時々刻々、新しくなる。

それが、人生の真髄。
そして、基軸。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「混沌」の項
by makisaegusa | 2013-03-03 03:33 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/17956774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マキ式日常講座 第592回:「... TITLE 2222. >>