きぐらゐ。

d0018646_0261342.jpg
何よりもまず、「自分が自分であること」を、差し置いて。
一体、他の何を誇るというのか。

私には、皆目見当も付かない。

それが、より無様に、軟弱さを晒しているとも、気付かずに。
何故、外来のものばかりに、責を委ね、装いたがるのかも。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「誇り」の項
by makisaegusa | 2013-02-28 23:59 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/17918990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マモルくんからのお知らせ:オメ... 迷い人のための5つの仮説。 >>