ただいまめのまえのあなた。

d0018646_0251826.jpg
私は、目の前のあなたしか、見ないので。

過去の栄光をいくら語られたところで、立派な肩書きを誇られたところで、たいして、気にも留めない。
あなたの経歴などに、興味はないから。

そんなに、多弁になって、言葉に弁護をさせずとも。
ありのままのあなたに、今に繋がるすべての道筋が、見えている。

所作のひとつ。
呼吸と呼吸の、束の間にさえ。

深さ、広さ、厚み、、、人生の何もかもが、映し出されている。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項
by makisaegusa | 2013-01-21 23:34 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/17677525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by enzo_morinari at 2013-01-23 23:16
ホピの長老は言った。
「何をしてきたか、何者なのかに興味はない。興味があるのは、おまえが”炎の中心”に立って尻込みしない男かどうかだけだ」
Commented by makisaegusa at 2013-01-24 09:26
> enzo_morinari

気が合うなあ、ホピの長老。笑
それにしても、キレのある言葉だ。
言師、感謝!
<< ラオスの旅:#02 Fligh... ご長寿匠芸術:不動の久子の「砂... >>