鱗。

d0018646_3293816.jpg
目からウロコが、落ちすぎて。
私の目は、もう、泳げなくなってしまうかもしれない。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「」の項
by makisaegusa | 2013-01-13 23:38 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/17621487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-01-15 11:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2013-01-15 12:44


これだから、言葉は面白い!
他意はなくとも、人を惑わす魔力。(笑)

ホントに、サーッパリと、
最近、いろいろ見えてきて目から鱗よく落ちるなあ。
→でも鱗なかったら、泳げないかもなあ。、、、って、そんだけのことでした。(笑)
ただ、目が泳がないというのは、それはそれで、
しっかり、モノゴトを射抜けているってことだから、
そっちの意味からしても、やっぱよいことだったりする。・・・という、面白さ!
愉快デアール、ニホンゴ。
Commented by makisaegusa at 2013-01-15 12:46


ちなみに、「目から鱗が落ちる」は、聖書か由来って知ってた!?
Commented at 2013-01-15 14:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2013-01-15 21:02
>‰

まるで、飼い主が、ムチャなところに木の枝を投げて、
それをいつでも、必死に追っかけてキャッチする、犬のようです、私。
アハハ、タンノシーーーイ!!

そして、一度、生み出した言葉には、敬意と責任を。
そこには、言霊が宿るので、簡単に消し去ったりしてはいけません。
むしろ、生み出すまでの、厳選と熟考するという過程を大切に。
(意識から、現実に落とし込むまでの早さは、訓練だとしても、)魂を簡単に奪ってしまうのも、これまた、かわいそうです。
どんなに、くだらないことを書いたとしてとも、後から見て、ウワー!ってなことだったとしても、
逆に、それをそれとして残しておくのも、よい学び!!笑
言葉を大切にするということは、同じく、自分を大切にすることと同じなので。

まだまだ、もっともっと自分の本心に近い所で、表現すべし!
誰が何と言おうと、自分は、自分によって守られてれば、ぜーんぜん傷などつかないのだからー☆
何よりも、エンジョイ!!
Commented at 2013-01-16 17:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2013-01-16 18:58
>∂

イエイエイーエー!
コミュニケーションというのは、うまく通じないことを楽しむことでもあるのです。
そりゃ、上手に通じ合えるに越したことはないけども。(笑)
だからと言って、通じることだけに意義があるわけじゃないから、
うーんうーんと言いながら、ああでもないこうでもない、、、と、試行錯誤するのも娯楽なのです。
ゆえに、謝るなどもってのほか!
まあ、努力は惜しまずに。(笑)
私は、いろんな人のいろんな表現に触れて、
へえ、こんなのもあるのかと面白がってるのですから。うひひ!
<< HAPPY BEESWAX!!... The 続々ひげ来たる人。 >>