最後の砦が、自動ドア。

d0018646_1373524.jpg
あなたに、痛恨の設計ミスを教えよう。

ーーー 最後の砦が、自動ドア!

笑うに笑えない、この致命的な構造は、あなたが、術(じゅつ)としてしか、人付き合いを習得せず、
風雨に晒(さら)されて、尚も、自らを守る術(すべ)を持ち合わせないという、悲劇に由来。

あなたが、「自」領域への「他」の接近を、極端に厭がるのは、脆弱な天守の証明。
オープンマインドの勘違いと、距離感の設定ミス。

立派な欠陥建築に居を構え、外壁ばかりを固めるではなく。
内側に、確かな精神の柱を。
決して、陥落しない砦は、それだけで、充分、完成する。
たとえ、扉が、開け放たれていようとも、崩れることのない、不動の強さを誇って。



[p.s.:「最後の砦が、自動ドア」この言葉を思い付いたとき、思わず、吹き出してしまった。なんてこった!って。想像するたび笑える。]

⇒これまでの「写真とことば」/⇒「精神」の項
by makisaegusa | 2013-01-11 11:11 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/17609356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-01-12 20:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2013-01-12 21:06
>☆

立ち位置に関しては、私自身、よく分かりませんが。笑
いくら外から人が入って来ないように、外を固めても、
肝心要の中身が、自動ドアじゃ、意味ないでしょってなとこです。

よい意味で、気の抜ける、旅路でありますように。

・・・ん?
して、立ち位置とは??
<< The 続々ひげ来たる人。 軸。 >>