家訓:「100人が、右だと言っても、自分が左だと思うなら、迷わず左に行け。」

「家訓」なんて言うと、大袈裟すぎるし、だいたい、直接、言われた記憶すらないのだけれど。
大人になってから知ったのは、うちの両親が、私たち姉弟を、この信条の元、育てたらしいということ。

「100人が、右だと言っても、自分が左だと思うなら、迷わず左に行け。」

その環境は、子どもたちを、こういう人間に、成長させるらしい。
(・・・私や弟を、ご存知の方は、すっかり、ガッテンしただろう。笑)

本人無自覚にして、周囲からは、
「人生の切り開き方が、尋常じゃない」だの、「こんな経歴は、聞いたことがない」だのと言われがちな、
私の奇妙な人生ルートも、もしや、その辺に、起因するのやもしれぬ。イヒヒ
d0018646_024448.jpg
[Photo: 今でも、記憶に、鮮明に残っている、写真やさんでの撮影。庶民感たっぷりな姉弟と、豪華な椅子のコントラストが、見所!
笑えと言われ、必死で作り笑いを試みる、気遣いの出来る、姉のマキ。対する、弟ダイチは、ナーンニモ考えなさげな、無邪気な笑顔。クぅ!(笑)]



子どもは、大人たちの言葉の、ずっと奥を見通す感性を、豊かに持っていて、その目は、本性を容易く見抜いてしまう。
だから、多くを語るより、ひとつの信念ある「生きざま」を示すだけで、"何か"を伝えるには、充分なのだ。


「100人が、右だと言っても、自分が左だと思うなら、迷わず左に行け。」

この言葉を、反芻するとき、私は、いつも。
「異を楽しめ。独自に思考せよ。」、、、そう言われているような、気になる。

たとえ、また、この言葉が、再び、その輪郭を失おうとも。
私の感覚上に、一生、留まり、私の輪郭を整え、正し、導き続けてくれるのは、そんな、波動の力なのかもしれない。
もしかしたら。

独特の存在であること。
すなわち、それが、人生の自在。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「言葉」の項/⇒「記憶」の項
⇒「三枝家」の項/Enjoy!!⇒「三枝一家式『ルビンの壷』マニアッククイズ(解答付)
by makisaegusa | 2012-12-18 23:40 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/17465312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by enzo_morinari at 2012-12-20 01:28
異化することはイカすのだ。
他個でなく自己なのだ。
蛸味タコスより烏賊味ドンタコスなのだ。
人間はカンガルーの脚なのだ。
Commented at 2012-12-20 07:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-12-20 07:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Jimmy at 2012-12-20 10:13 x
なるほど…
我が家には、そのようなポリシーは一切無かったと思うが、しかし俺もMakiと同じような思考回路を持っているらしいことに、最近気づき始めたところ(@^▽゜@)ゞ
Commented by TAKA at 2012-12-20 10:27 x
左に行くことが未来を作ると信じることができるかどうか、だと思います。なかなかできることじゃないから価値があるのでしょう。信条以外は全て失う覚悟も必要だね。
Commented by Ayu at 2012-12-20 19:58 x
あーっ、マキとダイチやっぱり似てるやん(笑)
マキがダイチみたいやもん、違う!ダイチがマキみたいなのか・・・
(。-_-。)やっぱり似てるということで(笑)

なんかさ、料理名みたいと思って、「頑張って作り笑いを見せる、気遣いの出来る姉マキと、 何も考えてなさげ、ただの無邪気な弟ダイチのフォトを添えて」美味しそうじゃない?(笑)

シンプルに自分を生きよう!という言葉が浮かびました。
ありがと☆
Commented by makisaegusa at 2012-12-20 22:33
>enzo_morinari

蛸と烏賊、斯様なまでに、有用であったとは!
それにしても、カンガルー。
その味わい、記憶に残ってなさが、半端ない。笑
Commented by makisaegusa at 2012-12-20 22:42


君、、、、「ジャイアニズム」をご存知??
"オレのものは、オレのもの。オマエのものも、オレのもの!!"のアレー。笑
その領域より外ならば、どうぞ、すべて、あなたのご自由に。

古い記憶と、苦しさの種。
気付いたならば、もう、別のルールを、自分の栄養にね。
エンジョイ!
さもなくば、明日など、不要なのである。

※ おばあちゃん、この前、実家に電話したとき、ちょうど、お風呂から上がって来たタイミングで、少し話したよ。
いつ帰ってくるんー?って、訊くから、29日って答えると、とっても嬉しそうでした。
何して遊ぼうかなあ、おばあちゃんと!!ワクワク。
Commented by makisaegusa at 2012-12-20 22:45
>*

ちっちゃい頃の私を知る人は、どこに、あのほっぺが消えてしまったのかと、言います。アハハ!
ほんと、どこに行ったのかなあ。
こんなに、まあんまるだったのに!
しぼんだのかなあ、、、あ!!!
メダカの子どもみたいに、ほっぺの栄養で、成長した説?!うふふ
それはそれは、栄養たっぷりだったようだ。


ほっぺマニアさまの、お眼鏡にかなうとは、光栄至極ナリー!うふふ
Commented by makisaegusa at 2012-12-20 22:54
>Jimmy

ホホウ、そいつぁ、興味深い!
でも、ますます、分かり易いね、この世の法則。
だから、こうなるってわけだ。
シンクロニシティの多発っぷり。
Commented by makisaegusa at 2012-12-20 23:05
>TAKA

たとえ、その先に、未来がなくとも、他人に流されて選んだ結果じゃないなら、着地できるね。
もしも、自分じゃない者に委ねた結果が、それだったとしたら、不時着すら出来ないもの。笑

自分の足の下には、いつでも、自分の意志があるのが、快適!
Commented by makisaegusa at 2012-12-20 23:08
>Ayu

アユ!!
絶対に、騙されてるってー。
「・・・を添えて」部分だけが、美味しそうなのであって、その前、完全に人の解説やん!笑

うん、シンプルがいいわ。
どれほど、シンプルを心がけようと、やっぱり、知らないうちに、要らないもの、どしどしくっつけてるものだから。
常に、シンプルをイメージしながら、要らないもの、落っことしながら、進んでくのが、身軽だね。

アユ、年末、実家帰るのー?
Commented at 2012-12-21 08:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-12-21 11:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-12-21 23:22
>mt 00

出ましたっ!!!
ようこそ、トラベラー!
今日は、どんな空を観た??
2012年12月21日。
ラオスで買った、ドライフルーツのお茶を飲んでいます。
あったかで、ホッとする味。

・・・如意!
おばあちゃんは、きっと、今日もゴクゴクとビールを飲んでいることでしょう。
★★★

命尽きるまでに、その想い、解き放てたら、すごく爽快だろうに。
とっても軽くなる自分を想像してみて。
いいねー、ウフフ♪
Commented by makisaegusa at 2012-12-21 23:25
>mt 01

そうだよーーーーー!!!
ジャイアン★アハハ!
でも、ジャイアンは、こそこそ悪いことしないから、気持ちのいいガキ大将かもね。ルーン♪
映画版になると、頼りがいもある!笑
Commented by TAKA at 2012-12-22 23:03 x
自分が決定を下したことに未来がないということはありえるのか、ということをずっと考えていました。
自分なりに考えた結果何かしらの結論に辿り着くということは、やはり何かしら未来に向かっているのではないか、それがたとえ命を投げ出すことであっても、人を殺めることであっても、やはり未来につながっているのではないかと思います。
Commented by makisaegusa at 2012-12-23 15:32
>TAKA

うん、そうだ。
決断を下すということ自体が、すでに、未来に向かっていることなのかもしれないなあ。
<< 駆ける × 翔る [kaker... [ACTION!!] 日本での... >>