そぞろおぼろ。

d0018646_338179.jpg
自分を愛することすら、果たさずに。
世間の不本意を、嘆く、あなたの輪郭は、いつも、おぼろげ。

それが、どこか滑稽で、ひどく哀れに見えて。
私の胸は、じわり、痛む。

もしかしたら、あなたは、知っていて、知らないふりをしているのかも、しれないけれど。
生きてくことは、拒絶ではなく、寛容によって、意味深に、力強く動き始めるものだから。
自分の不甲斐なさも、無様さも、弱さも、全部、どうか、向き合って、受け入れて。

それこそが、あなたに、決定的な、輪郭を授けてくれる。
どんなに、痛みを伴っても。

外に求めるのではなく、何よりも、まず、自分のありのままを、愛すること。
必要なのは、そんなシンプルなこと。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「寛容」の項
by makisaegusa | 2012-09-19 22:16 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/16856840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by むにゅ at 2012-09-22 01:31 x
受け入れる、か…。
まずそこから。
はいm(_ _)m
わかりましたm(_ _)m
Commented by makisaegusa at 2012-09-22 09:33
>むにゅ

はい、わかられました。m(_ _)m
ウフフー♪
ほんとうに、ほんとうに、始まりの鍵は、拒否したい心すら乗り越えて、受け入れること。
私も、理想から遠い、しょうもない自分を、ほーんと、ショッボイなあって、
現実を受け入れつつも、愛おしく思えた時、
とても、強くなって、なんなら、無敵になったんじゃないかって。笑

今日が、明日が、穏やかでありますように!!
<< ジブン考古学:はにわの土鈴。 父の日贈答品『マンガ皿』の「ジ... >>