私式新年・第34回。

d0018646_1535795.jpg
決して、拒絶しているわけでもないというのに。
どういうわけだか、年々、歳をとるという感覚に、実感がなくなってくる。

そんな頃合い。
マキ式新年の第34回。

幸福なのは、恐ろしく悠久の歴史の中、同じ時代に生を授かり、「今」を共に分かち合う、多くの仲間たちがいること。
何よりも幸福なのは、こうして、「今」を、生きていること。
その、ありがたさに、ふつふつと沸き上がる感謝は、言葉にもならず。
思わず、私は、静かに、手を合わせてしまった。

穏やかで、しなやかな精神を、失わぬ者として。
苦痛の経験までも、遊び楽しむことを、忘れぬ者として。
自分を凌ぐ、自分になり続けることを野望して。

たくさんのお祝いメッセージをありがとう。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。

幸福なんてものは、いつだって、感謝と共に。
めくるめく奇跡なんてものは、いつだって、此処に。

さてと、また、丁寧に生きてこう。



⇒「マキ式新年」一覧/⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2012-08-15 23:21 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/16642024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-08-16 15:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-08-16 21:48
>★

私は、大学卒業して、海外に出てから、年齢に意味ってないなと思って。
ほーんとに、こだわらなくなって、ほーんとに、精神が歳取らなくなったー!うふふ
すばらしいことだ。
年齢みたいな小さなくくりに、縛られるのをやめると、すごく、繋がることの出来る人に幅が、出来たしね。
きっと、年齢で判断しないことで、より、その人自身の本質にフォーカスできるのかも。
だからこそ、もっと、人を見る能力が身に付くのかも。
おお、いいことだらけだー!

人生で、出会うべき人、時、場所、すべて、しかるべくして、そうなっているのです。
オミゴト!
ありがとう。
<< ボン・オボン! 空着 -soragi-:ハクト... >>