まあたらしいみはらし。

d0018646_1503524.jpg
世界を取り込むパワーと、世界を染め上げるエナジー。

全く別の自分に、出会うチャンスを、臆病にも拒絶しないで。

世界の眺めを、まあたらしくすることなんて、とても、たやすい。
執着してることなんて、所詮は、ちいさな、ちいさな、ちいさな。



⇒これまでの「写真とことば」/⇒「世界」シリーズ
by makisaegusa | 2012-05-30 23:50 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/15957657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iroha525 at 2012-06-01 15:17
執着・・・
わたしは、何に執着しているんだろう。。。。。
んんん・・・執着・・・
植物!?!?!?!?!?!?
というか、ここ、、、錦帯橋に見える。。。。。
はぁ~気持ちよさそうでっす!^^!
Commented by makisaegusa at 2012-06-01 21:24
>iroha525

植物は、執着じゃなくって、大好き!です。笑
執着はね、自分も動けなくしてしまうもののことだもの。
お寺に行って、植物ばっか観てるくらい(おっと、語弊がありましたな)だものー!アハハ

そして、アッタリ!!
これは、錦帯橋です。
去年、祝島に行く途中に寄った、岩国。
なあんにもないよ、みたいなことを聞いてたのに、すべてが楽しかった町。
観光なんて、定型があるからおかしいんだと、山口の旅は教えてくれたのでした。
あるがままを、観に行きたいと思わせる、それでいいって。
別にキャラクターとか、無理矢理な名産品て、寒いよね。笑
でも、どこにでもいた、山口県国体のキャラクター「ちょるる」は、覚えて帰ったけど!
山口の方言て、語尾が、「ちょる」なんだって。
そして、地元の人たち、やっぱり、「ちょるちょる」言ってたー!!
どこでも、まなび。
Commented by iroha525 at 2012-06-02 07:25
ガーンゴーンギーンm(__)m
当たりです~
でも、次回は、ちゃんと見る予定でっす^^
ノット オンリー・・・・・ バット オールソォ~・・・・・

錦帯橋!!!下から見上げるのもかっこいい!
あの木の組み方!ものすごくかっこいい!よね^^
祝い島。。。
きっと、何にもない。というのは、要の部分がしっかりあって、
余分なものがない。のかもしれない。。。

ちょるちょる。いいなぁ!^^!
Commented by makisaegusa at 2012-06-02 15:36
>iroha525

うわあ、すごい鐘がなっているーう!アハハ

うん、錦帯橋、下から見上げたあの構造も立派だったなあ。
クギも使わず、職人さんの技ってのは、本当に尊敬に値する、素晴らしさ!

あとね、地元の人たちが、ありのままで、すごく興味深かったよ。
あそこの、なんとかさんがね、って、会話に当たり前に出て来るしね。笑
祝島なんて、お店でも看板が出ているわけじゃない。
でも、それって、どこの誰が、何をやっているか、みんなが知っているからなんだって思ったら、
看板を出すってのは、知らない人にまで、不要なものを買わせるためでもあったりするなあって。
ま、全部が全部そうじゃないけど。笑
なんだか、人と、人のちゃんとした結びつきを感じられて。
だからこそ、魅力的なんだなあって思ったよ。
ちょるるー!
<< まいにちのお裁縫 × 子どもの... 食卓のデザイン#25:そばかす... >>