いい塩梅に厭。

d0018646_201840100.jpg
いい人で、いようだなんて、妄想に、取り憑かれないように。
すべての人を、好きにならなきゃいけないだなんて、脅迫に、怯えないように。

自然体を見失って、他人に好かれようと、努力することは、極めて不毛で。
どうしても、馴染むことのない波長に、目を向けず、ただ執拗に、結び付こうと奮闘する姿勢は、涙を誘うほどに、哀れで。
闇雲に、飛び込み、無用に、荒波で負傷する様は、果てしなく、馬鹿げている。

誰かへの、苦手の意識や、嫌気の感情を、持っていてはならないという決まりなど、どこにもなく。
世間のお手本に、背くような感情を、自分の中に見付けたとして。
それを、拒絶する必要は、全くない。

人は、たぶん、自分の内面にまでも、タブーを多く、設け過ぎているから。
時に、それが、内側からも自分を攻撃し、その圧迫で、行き場を失う。

私の、この、明白、明確、明瞭、明晰なまでの「好き」と「嫌い」。
そのくせ、誰かの下世話な悪口を、口にする必要などないのは、
むしろ、誰からも好かれたいだなんて、そんな不自然で、気味の悪い願望など、持ち合わせていないため。
つまり、近距離と遠距離の人物配置が、徹底されているが、所以。
もちろん、相反する存在の否定などの、感情ではなくて。

これが、私に、嫌いな人など、居ないように見えることの、トリック。

自分のための、快適な居場所は、自分で与えるもの。
まず、ありのままを、さらけ出すことによって。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-12-03 17:59 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/15056788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makisaegusa at 2011-12-05 18:20
マキには、嫌いな人がいないんじゃないかと言った、友だちに捧ぐ。
Commented at 2012-03-09 10:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-03-09 18:39
>★

私ね、「ざんねんだなぁ」って感情を見付けたときに、これだーーーーーーーー!!!!って、思ったの。
その人を、決して否定するでもなく、でも、私とは、合わないなあ、、、
思考も、すごくつまらないし、悲観的だし、説教臭いし、、、とか、、、笑
そんな人たちへ向けられる、私の感情!
「残念だなあ」って。
そんな人って、友だちにはならなくても、仕事で出くわすことになったり、
親戚関係に居たり、きっと、新しい家族にいたり、、、どこかで、出会う修行みたいなものなんだけど。
嫌いって感情を、持つって、なーんか疲れるんだよねー。
でも、ガーーーッカリ残念だなあって、感情って、ちょっと自分から距離をとって、物事を見ているから、
そんなに、重くなくって。
まあ、その人への好ましくない気持ちは、消えないんだけども。笑

もう、夜。
どうだったかなあ。
ごくろうさま。
世の中には、へんてこで閉じた世界の人がいっぱいでねえ。
その中の定規で、全部を測ろうとするから、もう、理屈が、ちっちゃくって。
ぐへーーーーーー。笑
Commented by makisaegusa at 2012-03-09 18:43
>★2

昨日、雑誌で、ある作家さんが、「人生って悲しいことのが多いじゃないですか?」って言ってるのを聞いて、
私は、うわーーーーーー、この人、めっちゃかわいそうで、残念な人やーーと。
私、どんなに最悪なことが起こっても、人生の大半は、愉しい。いや、むしろ、人が無くなっても、
ああ、それはそういうことだったって思えるなあって、自分のことを振り返ってみるとね、人生って、ぜーんぶ、いいことばっかじゃないかーって。笑
あ、これ、本題から逸れてるか。うふふ

感情ってね、熟成すると思ったよ、今日。
目が覚めて、最初に。
鏡見ながら、あ、メヤニ出てる出てるって、思いながら。笑←冷えとりの成果☆
Commented at 2012-03-10 10:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-10 10:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-10 10:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-03-10 12:33
>★

よかったーーーー!!
「ザンネン」術、私が、使い始めるようになって、
周りでも、なんだか、使う友だちが、増えたような気がするなあ。
そういえば!

子どもの頃からの教育の賜物なのか、みんな大好きでなきゃいけないってゆう、
そう在るべき教みたいな、刷り込みをされていて。
まあ、それは理想的だけど、どうしようもそりの合わない人をも、
好きであるべきだと思い続けるなら、それは、永遠に越えられないストレスを持ち続けるのと一緒だもんね。

だからといって、異の存在を、否定すべからず。
あらゆるものは、存在していて構わない。
あ、↑これ、ブログにメモっとこうかな。笑
もうちょっと、上手にして。いひひ
Commented by makisaegusa at 2012-03-10 12:37
>★2 (つづき)

私はね、みんなが韓国にはまってる時も、びっくりするくらい、ぜーんぜん興味なくって。笑
辛いのや、お肉も、好きじゃないから、食べ物もそうだし。
ハングルもおもしろいとは思うけど、習おうって気には、ならないし。
で、すごくはまってる友だちに、私、ぜんぜん、興味ないんだよねーーー!って、ゆったら、
韓国を否定している意味に取られてしまって、なんて酷いことをー!みたいなリアクションをされ、、、笑

いや、違うんです。
決して、別の考え方が存在していることに対して、なんら否定なんて、してないし、
ましてや、嫌いというわけでもない、
でも、興味ってものが、特別にないから、なにが、あなたの興味となっているのか教えて欲しいくらいです、、、、の意味だったのに。
なんだか、通じなかった。
その時に、ああ、みんな、なんて言うか、
異質のものに対して、好きや嫌いを越えて、それでも存在してていいんだよってゆう、
その考え方が、浸透してないんだなって思ったの。
このうまく表現できない感じ、ごめんねー。だいたい、5回くらい読めば、なんとなく分かると思う。アハハ
めっちゃ、人任せだし。笑

Commented by makisaegusa at 2012-03-10 12:41
>★3 (まだ、つづいた!)

人ってね、無意識で、似ている感情をひっくるめてしまう習性があるみたいで、
だから、自分のですら、気持ちの整理が、ヘタクソなんだろうなあって思う。
そして、自分がいい人であることを、証明したいためなのか、なんなのか、
周りの人も、「類は友を呼ぶ」的に、みんないい人であるべきだと、心のどーーーーーこかで願ってて。
でも、実際は、そうじゃないから、また、そのギャップに苦しむことになってしまってる。

そんなんじゃないのよー、きっとねー☆

自分の内面、もっと旅してくと、すごーーーくシンプルな感情のひだというものを、
見付けられるはずだと、私は思っていて。
どんな感情も、手放さないで、持っておくと、いつか、そう!熟成して、ちゃんと意味を教えてくれるんだなあって。
その頃には、ちゃんとしたオリジナルの名前付き引き出しに入ってるはずなのよ。うん。

第二弾、前よりは快適でありますように。

次の冷えトリートスに書こうと思ってるんだけどね、
私、爪が取れて、新しいのが生えてキターーーー!!足の小指。
人体の可能性ってば、、、!!!
Commented at 2012-03-10 13:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-10 14:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-03-10 15:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-03-10 19:25
>★

わーーーーーーあ、アハハハハ!!
そうだった、めっちゃくちゃ、心配したこととか、深刻に心の準備してたことの方が、すんなり解決したりするの法則が、あったんだった。笑
今回の場合、解決なのかは分かんないけど、この、スルリとかわされた感じ、アハハだーー☆
心構え等々に、相当なエネルギーを費やしただろうから、ちゃんと、吸い過ぎた酸素、吐いてね。
重要です!ウフフ。

本と出会うのも、別れるのも、またタイミング。
必要とあらば、また出会えるはず。
おほしさまが、本は、3回読むってゆってたので、最近は、私もそれを心がけています。
私、最初に本出したのが、23歳の時だったんだけど、
いま読んでも、生意気だけど、よく書いてるなあって、自分の原点に戻っているような感覚。
旅も本も、やっぱり、導かれるんだろうなあ。うん。
Commented by makisaegusa at 2012-03-10 19:31
>★2 (またもや、続いた)


前、実家に帰った時、お父さんが、「チャングムー」ってゆう、誰だかわかんない人の物まねをしていたから、なんだそりゃと思ったんだけど、
お母さんが、チャングムってゆう韓国の歴史ドラマみたいのにはまっていて、そこに出て来るおじさんのマネだと判明。
なんだか、似てました。笑
あの典型的な濃さが、いいんだろうねー。
ほんと、ひとの好みって色々で、面白いもんです。
現代の韓国ドラマも、キムチがお味噌汁みたいな感覚で、彼に漬けてあげるんだ的な登場するから、
文化って興味深いと、思いつつ。笑

そうそう、私、昨日思ったこと。
テレビショッピングとかで、一個買ったら、もう一個付いて来るってゆうあれ。
ほんとに、要らないんですけどーって。笑
要らないものもらうのに、金額的にお得だからって、なんだか、得した気にさせてるけど、
本当に、ムダだなあって。
作らなくてもいいもの、いっぱい作って、いっぱい売って、世界はゴミだらけ。
なんなんだかねえ。

Commented by makisaegusa at 2012-03-10 19:31
>★3 (ついつい続く)

そういえば、マクドナルドが、子どもセットを売ってる理由を、知ってびっくり。
人間て、絶対に小さな頃食べてたものを、大きくなっても、食べるんだって。
だから、子どもに食べさせるということは、未来の購買までも約束されてるって。
ブルブル。
20年たっても、腐らないってゆうもんね、マック。
微生物すら、食品だとも思わないようなもの、よく売ってるゎ、よく買ってるわ、
無頓着も、これまた、世界をダメにするね。

かしこ。
Commented at 2012-03-11 11:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-03-11 15:30
>★

「かしこ」を凌ぐ、「かしこ越え」!!!
出たーーー!!やるな、おぬし! 笑

すべてのスケールをね、お金で測るから、ダメなんだわって、買い物も、原発も、政治も、全部。
震災ガレキも、3億円だってね、広告費。
いっかい、物々交換に戻ってみれば、過剰な付加価値に惑わされないで生きられるんじゃないかと、思ったりするほどです。

震災の番組。
メディアが、いかに無責任だったかの特別番組で、いいんじゃないかと思いながら。
どのチャンネルも、番組やってるのを見て。
本当に、学びがあるのか、反省があるのか、もしや、最後に、常套句「絆」を出すんじゃないかと、寒々しく、垣間みました。
あの日の記憶は、断片的に残っていて、一年という時間を振り返りながら。
阪神大震災から、そうやって年を重ねたことを、また、思い出し。
それでも、終わらない放射能の惨禍と共にある、今というときを、複雑に、感じます。
途切れた命を想い、生きねばならない命を想い、
ただ、毎日、丁寧に生きて行こうと誓って、ひとつの境界を越えました。

「かしこ越え」からの、かしこ。笑
<< エリサのくれた、地球半周のイン... アロマティック風邪対策のルーム... >>