仰天の淵。

d0018646_1858739.jpg
たぶん、人は、空を、見上げるとき。
そこに映し出される、自分の内側を、覗き込んでいるから。

私たちは、迷いの中にあるときにこそ。
空を仰いで、投影された、感情の文様を確認するといい。

空に溶け込んだ、本心が、いつしか、くっきりとした輪郭を持って。
意識の中に、浮上して来るのを、見付けられるはずだから。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-10-28 18:27 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/14847034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-01-11 08:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-01-11 18:13
>★

まあ、うれし!
涙が出るってことは、まだ、身体に留めてたものがあるってこと。
それを、ちゃあんと、外に出してしまえば、きっと、すっきり軽やかに進み出せるはずッ。
よかった、力になれて。
どうぞ、どうぞ、じゃんじゃん、じゃんじゃん。
<< WA RA SHI BE 20... 感性の棘。 >>