アロマティック若返り化粧水:「ザ・トシトラーズ」。

朝、目覚めると、まず、その日の体調や、気分に合わせた精油を選んで、芳香浴。
友だちへの贈答用にも、性質に合わせたアロマな品々を、モゾモゾ、ゴソゴソ制作している、私の昨今。
この頃は、スプレーボトルに入れて使える、ボディローションや、フェイシャルローション作りが愉しい。
そして、いかに効用があろうとも、まったくそれを感じさせない、キテレツな名前を付けて、ギフトするのが、私の流儀。
こうして、誕生した新作が、こちら!「ザ・トシトラーズ」!!
d0018646_4231578.jpg
ハンガリアンウォーター「ザ・トシトラーズ」★★★★★類似品「ザ・トシトラーヌ」には、ご注意を!(笑)

史上、最も、如何わしい名称を授けられた、この珍品。
本来は、"若返りの水"として、有名な「ハンガリアンウォーター」という、麗しき称号を持つ、化粧水。
14世紀、老齢によって体調を崩していた、ハンガリーの王妃エリザベート一世が使い、若さと美貌を取り戻たことで、
ついには、70歳を過ぎてなお、隣国の王子からプロポーズされることになったという逸話までもある、伝説の水。

シャープな香りが、気持ちをスッキリさせてくれる上に、肌を引き締める効果も抜群の、ローズマリー。
とにかく、このハーブの恐るべき性質を最大限に利用したのが、この化粧水。
他にも、血行を促進するレモンと、肌の炎症を鎮めてくれるベルガモットを使用。
色々なレシピの中から、今の気分に合う精油を選んで、今回は、こんな調合にしてみた。
こうして完成した、魔性のアンチエイジングローション!
私が、80歳くらいになって、どこかの王子にプロポーズなどされようものなら、とうとう、とんでもない効果を、立証出来るのでは、なかろうか、、、と。(笑)

[recipe] 100ml
精油:ローズマリー 3滴、レモン 1滴、ベルガモット 1滴、精製水 or「アクアーリオ」(my favorite!) 95ml、エタノール or ウオッカ 5ml
1. スプレーボトルに、エタノールを入れて精油をポトポト。フタをしてから、ボトルを振って、しっかり混ぜる。
2. さらに、精製水を加え、よく混ぜ合わせれば、完成!
3. 若々しさをイメージしながら、使用する。
* レモンやベルガモットなどの精油には、光毒性があるので、直射日光に注意。


これまでに作ったアロマテラピー作品一覧
by makisaegusa | 2011-10-26 21:13 | Cosmetic Lab-アロマ&コスメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/14833765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 感性の棘。 遺産世界。 >>