偉観への如何。

d0018646_23355390.jpg
迷いの暗雲を、抜けるのならば。

直感の声を、聞き逃さずに。
しかるべき刻の到来に、耳をそばだてる。

意外と、それだけで、惑いを脱するには、充分だったりする。
葛藤や躊躇は、中より外からの声を、聞き入れ過ぎた、結果だったりする。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-10-09 23:34 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/14731792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makisaegusa at 2011-10-10 23:39
■偉観 [ゐくわん]=すばらしい眺めの意。
Commented by makisaegusa at 2011-10-10 23:44
■Title:"ゐくわん"への"いかん"。
Commented at 2012-07-25 10:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-07-25 20:28
>mt_6

もちろんですとも!
意味のないことなど、決してない。
ただ、その意味が分かるのが、すぐか、もっと先かってだけのこと。

自分に訪れる試練は、すべて、自分が生まれる前に、設定したものって言うよね。
魂を成長させるために、ちゃんと越えて、もっと逞しくなるために。

二度とは戻らない、今日という記念日を。
それでも、それでも、楽しんで。
今日って、人生何日だろーーー??
<< 「まっパの会」。 [DAILY STUDY] ド... >>