500kmのインスピレーション。

d0018646_231373.jpg
閃きは、移動距離に比例してると、誰かが言ってたの。
あれは、きっと、正しい。

今日また、定番の東西500kmばかりを移動して、しばらくぶり、しばし、東の我が家。

まるで、時が止まっているかのような部屋は。
ホコリさえ払えば、まるで、今までと同じ時間の続きを、刻めそうな錯覚を孕んでいて。
それが、現実離れしていることに、胸が痛んだ。
でも、もう終わった歴史上の出来事。
3.11以前の生活など。
誰しもにとって、酷なまでに、新たな生き方を模索せねばならない、世界の到来。
ここに、私は、改めて決意を、自分に表明して。
現実という悲劇の上をも、勇気を持って歩き出さねばと、ぬるい時代の幻想を振り払う。
悲しみの塊さえも、旅のお供にしよう。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-09-24 23:00 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/14633629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makisaegusa at 2011-09-26 01:39
タイムトラベルみたいな東の部屋。
Commented at 2012-03-27 17:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-03-27 22:31
>★

捜索願いが、出ておったとは、この写真。笑

あーーーーーー、そういうことかーーーー!!
あの写真はッ。
とっても、いい感じだったよ。

いえいえ、お礼を頂くだなんて、滅相もございませぬ。
こちらこそ、いつも、ありがとう!

やっぱり、光って、あらゆるものを魅力的に映してくれる。
光がないと、そこにあっても、存在を認識することが出来ないもんねえ。
その光を捉えるのも、また自分の目なんだけど。
無視してしまうのも、自分の目なんだけど。

そういう視力だけは、落とさないでいきたいものです。グフフ☆
<< "sun and s... 比較級シンドロム。 >>