花咲く。

d0018646_23114688.jpg
人が、人を変えられるだなんてことは、エゴでしかなく。
どんなに、途方もない時間を要しても。
自身で、気付きに至るまでは、何度痛い目みても、人は、変われないようになっている。

だから、私に出来ることと言えば、所詮。
あなたが、その、一番大事なものを見付けられるまでの道のりを、ただ、ここから、見守ることしか出来ないけれど。
私は、あなたに成長を与えてくれるのならば、どんなに酷い試練も大歓迎だと、ちょっと意地悪にも、願いながら。
いつだって、心からの祈りを込めて、ひとつながりの遥かな空のむこうへと、想いを馳せる。

その時が来る、いつかまで、私は、今と同じ距離に居て。
あなたと、あらゆる感情を分かち合おう。

未来のその場所で、私たちが、目にするのは、間違いなく極上の絶景だと、信じている。


⇒これまでの「写真とことば
by makisaegusa | 2011-09-16 17:44 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/14580178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makisaegusa at 2011-09-18 00:49
絶景までのストーリー。手紙としての作。
Commented at 2012-01-23 08:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-01-23 18:02
>★

泥!と言えば、レンコン!
昨日は、美味しいレンコンを食べました。
余談。(笑)
そして、私の大好物です。

瞑想、、、は、私が、この場所に残した記憶なのかも。
自分の中へ、ゆっくり降りて行くように、言葉を拾い上げて、これを書いたような気がするから。
きっと、私も、瞑想のテリトリーの近くで、これをしたため、また上昇してきたに違いない。
どうぞ、深みへ、どーっぷり。(笑)
いや、温泉みたいな、ゆったりが、いいなあ。
Commented at 2012-01-24 08:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2012-01-24 22:27
>★

この地球が出来たというのが、とてつもなく低い確率の結果だったとしても。
私たちの人生のすべては、その中にあるのだから、
それくらいの奇跡的な出来事は、起きうるだろうし。
どうしようもないことなど、生まれる、と、死ぬ、くらいだろうなと、私は、考えているから。
どんな末期でも、絶望にでも、まだ変えられる余地は、あると思うのです。
・・・という、このイメージをカンタンに表現したのが、こちら。笑
またもや。↓
http://makisgs.exblog.jp/3172433/

温泉、ゆうーーーーーったり、出来る日が、とっても、楽しみだねえ。
ペルーのマチュピチュのふもとの村、アグアスアリエンテス(温泉という意味)で、
温泉に入ったとき、みんな水着で、立ったまんま入るんだけど、
あの、ぬるいお湯に、ああ、やっぱり、温泉は日本のスタイルがいっちばん好きだなあと思たのでした。

カミガカリ子より。笑
あはは、言い過ぎー!!
<< 奇ジン変ジン。 Ψ [sái]. >>