「絶望の共有」。

d0018646_0263614.jpg
wasulenaikoto』にあった、 辻信一さん(文化人類学者,「ナマケモノ倶楽部」)の動画に、「絶望の共有」という言葉を見付けたとき。
ああ、私は、まさに、それを求めていたのだと、とても深い納得と、安堵を覚えた。

3.11で、すべてが転覆してしまった世界のはじめに。
私が、共有したかったのは、「頑張ろう」でも、「安全です」でもなく、再起のための「絶望」だったのだと。
自分が、通じ合える仲間たちと分かち合っていたのは、それだったのかと。
記憶を遡りながら、想う。

軽薄に、希望を語れる時代が、終焉を迎えた、今。
絶望の中からしか、本物の希望が生まれ得ないことを、私たちは、知らねばならない。
この混沌としたエリアに存在する、酷い居心地の悪さ、不安、恐怖、あらゆる不穏が、雑多に混ざり合う現実。
それを、認め、受け入れた上に。
私たちは、何か「希望」らしき手がかりを、掴むのだろうと、私は、予感している。

諦めとは、全く別の意味において。
私たちは、絶望を通らずに、希望には、辿り着けないようになっている。
何よりも、今、分かち合うべきは、希望に満ちた、絶望。

なんて、輝かしいのだろうとさえ、思えてきたりする。
ゼロのフィールド、はじまりの現在。


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2011-08-10 22:10 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/14330079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TAKA at 2011-08-12 03:22 x
個々が意味のない人生だからこそ人類には希望がある。
役目を知って果たすだけだね。
Commented by makisaegusa at 2011-08-12 23:18
>TAKA

La solucion es el "amor" siempre, yo pienso.

意味分かるー?
むちゃくちゃ、エスパニョール。w
Commented by Taoshin at 2011-08-12 23:22 x
認めたくない、見たくない事実をしっかり受け止めなきゃ前に進めないよね。どうしようも無い現実。昨日、今日とお客様と共有出来たよ。
Commented by makisaegusa at 2011-08-13 00:38
>Taoshin

それは、いい時間だったね。よかったよかった!
軽々しくないからこそ、もっと、私たちは、話し合わなきゃいけないんだと思う。
その先のビジョンを、お互いが出し合って、一個の巨大なフィールドを描いてかなきゃいけないんだもんね。
Commented by TAKA at 2011-08-14 02:27 x
La solucion es el "amor" siempre, yo pienso.
【訳】思うに、常に解決策は”愛”だ。

日本にいるときは気に留めなかったけど、今はとても大切な言葉だと思います。
それは、家族や地域のコミュニティが崩壊した日本を憂えずにはいられないということでもあります。
Commented by makisaegusa at 2011-08-15 00:50
>TAKA

本当に。
私は、いつも、amorを考えるとき、
Elisaと、やっぱね、なんだかんだで、愛が世界でいっちばん大事なんだよねーーって、アトリエで話したことを思い出すよ。
ほっとんど、エスパニョルが話せないのに、通じることって、
それこそ、何より大事な証拠なのかもと、思ったよ。
アモール。
<< 勝手にちょこっと冷えとり倶楽部... ありんこみぢんこふかしかし。 >>