WA RA SHI BE 2010 : #47 Namico.

物々交換を繰り返し、次々に、新たな遭遇を楽しむ遊び『WARASHIBE2010』!
死ぬまで続けた上、あの世には、なぁんにももっていけない理までもを娯楽とすべく、終わり知らず。
よって、どちらさまも、人生のどこかで、ぜひとも一度、ご参加を!

そんなわけで今回は、ワラシベ史上初の海外からの参加!
とうとう、47人目となったのは、私が、オーストラリアのシドニーに住んでた頃からの友だちで、今は、メルボルン在住のナミコ!!
前回、従姉弟のヒロシからやって来た「#46 Hiroshi : teaspoon necklace - ティースプーンネックレス」を、EMSで送り、
新たなワラシベを、再びEMSで受け取るという、ハラハラ緊張感たっぷりの展開を無事にクリアし、遂に届いた代物が、コレ!!
とにかく、とんでもなく、スゴかった。(笑)
d0018646_20194452.jpg
#47 Namico : じスケット + Aboriginal bookmark - 「じスケット」と、アボリジニー・アートのしおり

解説不要で、笑える、コアラのマーチ風のお菓子!
「ビ」スケットならぬ、「じ」スケット!!
さらに、衝撃的に意味不明なコピーが、「子供の楽園に接吻する」。
もう、どういうコンセプトなんだか、サッパリ読めない。
そして何より、コアラのお菓子なのかと思いきや、中身の写真は、どう見てもクマ!
テッキトーウなタッチで、しかも、ヘソ付き。(笑)
パッケージによると、生産はインドネシアで、それがオーストラリアに輸入され、この度、巡り巡って、日本にやってきたということらしい。
それにしても、どこもかしこも、抜かりなく妙。
箱を開ける前から、こんなに楽しませてくれる、エンターテイメント絶品お菓子!
・・・ならば、どんなに不味くとも許そうという気になり、私は、オソルオソル開封することにした。

中に入っている、10個の小袋のひとつを開封した私が、どれほど衝撃的な光景を目にしたのか!?
心して、ご覧頂きたい・・・。
d0018646_20214188.jpg
「これ、ダレーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー?!??!」

叫び、そして、・・・・あんぐり。(笑)
突如、現れたのは、パッケージのどこにも存在していなかった、新種のクマたち!!
どうやら、ファミリー風。
この段階で、新キャラクターが登場するなど、一体、誰が想像しただろうかッ。
そして、このビスケット生地に対する、イラストの比率たるや!!・・・小っちゃすぎる!
有り得ない現実を目の前に、「どんだけ、誇大広告やねん!」というツッコミも忘れ、爆笑に次ぐ、爆笑。
お笑いの基本である"3段オチ"を熟知しているのか、インドネシアン・ユーモア?!
お菓子を手に取り、箱と見比べていると、危うく、これは、もう芸術品なのではないだろうかとすら思えて来るから、おそるべし。(笑)
自由な手法、実に、ワンダー。
d0018646_20195229.jpg
そして、一息ついて、もう一品が、この美しいブックマーク。
オーストラリアの先住民アボリジニー・アートのもの。
ふう、、、なんか、癒される。

かくかくしかじか、紆余曲折あり、本人からの解説を、どうぞ。以下。

『ワラシベ No.48様
こんにちは。マキちゃんとは、シドニーで初めて出会い、将来、ご近所に住みたいなと願っているナミコです。
私からは、コチラの偽オーストラリアセット。

* ユーカリの葉っぱで作られた、ブックマーク。
何とも怪しげなアボリジニーアートらしきものが描かれています。

* じスケット。
最近、間違いに気がついてしまい「ビスケット」に変えてしまった、お菓子。
チョコ味は「じスケット」のままだけど、賞味期限が短めなので「ビスケット」に、新しくなったイチゴ味をどうぞ。
おじいさんっぽい、コアラのマーチ。
食べるのもよし。飾るもよし。誰かに毒味させてもよし。  Namico 』

ナミコが送ってくてた、「じスケット」の一箱は、私用にとのことだったのだけれども、
生憎、郵送の途中で開封され、ひとつは箱が崩壊していたので、そっち(「ビ」に訂正された方)を私が頂き、
次の参加者には、賞味期限も近い、かつ「じ」のままのものを渡したいと思う。(笑)

次は、一体、何に変化するのやら、、、。


⇒参加したいときの心得:「"WA RA SHI BE 2010"参加のための1,2,3
⇒いままでの「わらしべ」変化:WARASHIBE2010
by makisaegusa | 2011-08-02 01:36 | WARASIBE2010-物々交換 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/14268378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カヨ at 2011-08-03 23:44 x
ス、スゴ過ぎる、
世界には想像出来ないお菓子もあるもんだね〜。
まさか、オーストラリアのお菓子だとはビックリ!
コピー万歳の中○のお菓子かと思ってた〜。笑
パッケージと中身があれほど違えば、
日本人の想像を遥かに越えてる代物。
う〜ん、スゴ過ぎる。
Commented by makisaegusa at 2011-08-03 23:58
>カヨ

ネーーーーーー!!!!!!?!??!
私も、こんなになんでもアリなお菓子があるだなんて!
きっと、インドネシアでは、他のものも、これくらい自由なんだろうか?(笑)
私たちは、もっと見習うべきだと思いました。
いや、さすがに、これは、やり過ぎか?!アハハ
それにしても、ほーーーーんと、世界はまだまだ、ミステリアスだね。
Commented by ぽぷを at 2011-08-04 00:29 x
オレ、この企画のハードルを勝手に上げすぎてて、
とても参加できないと思ってたのに・・・。
ネェーサン、これならオレにもできるよきっと!
Commented by makisaegusa at 2011-08-04 02:36
>ぽぷを

いひひ、そういうこと☆いつでも、ウェルカム!
とんでもない品、なんてことない品、なんでも御座れ、ザンス!笑
Commented by makisaegusa at 2011-08-05 00:10
次の、行き先、北海道!
スゴい世界旅行をしている、コアラたち。
いや、クマたち!
<< ケハヒ。 ハ社の新作:ヒサミを祝う4本脚... >>