旧知の外付け。

d0018646_16511582.jpg
私を形作る、最も基本的な欲は、記憶欲じゃないかと思う。
あらゆる出来事、思考、その痕跡までをも、記憶しておきたいという、欲望。
私が、写真を撮り始めたこともまた、流れ行く時間の断片を少しでも残したいと、願ったからで。
何より、20年以上も日記を付け続けているのは、その欲望の最たる現れ。

私が、毎日書いている「10年日記」という日記帳は、
1ページに、"今日"という日付の10年分、次のページには、"明日"という日付の10年分を書き込むようになっている。
現在の"今日"を、書き残しながら、過去の"今日"を振り返るのに、とても重宝していて、時々、読み返しては、当時の自分を、懐かしく思い出す。

そんな日記帳は、まさに、私の外付けハードみたいなもので。
たった、数行のセンテンスでも、それを引き金として、その日の出来事、見た夢ですら思い出すことが出来る。

日記帳に、向き合う時のルールは、一切のタブーを持たないこと。
悲しみも、苦しみも、怒りも、悩みも、恥も、嫌悪も、憎悪も、ネガティブも。
全ての感情を流し込み、そして、閉じる。
それは、まるで、次の日からの新たな記憶を、まっさらに迎え入れるための、整頓作業のようなもの。
今が、どんなに困難でも、未来には必ず解法に辿り着いて、当時の日記を読むことになる。
それを、経験として知り得ているから、私は、自分へのギフトとして、また手紙として、日記をしたためているような気がする。

混沌とした時代を書き留める、最近の日記を、未来の自分が、そんなこともあったっけなって、一つの重大な思い出話として、
そして、もっと先には、ささやかな笑い話になってくれているようにと、祈りを込めて。
覚えておきたいことは、全て、日記の中に。
毎日、数行を書き残している、私の日常。
時折忘れて、慌ててまとめ書きをする、私の常套。


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2011-07-10 16:49 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/14078120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-07-13 05:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by makisaegusa at 2011-07-13 18:58
どんなことがあろうと、うまいこと行くのです。
かつての価値観は、すでに、覆されてしまったから。
何が安心で、何が不安なのか、それすら、新しい概念なんだろうと思います。
うまく言えてないけども。笑
魂ある毎日を歩むことが、何より意味があると、私は、改めて思っています。
最悪最低の底辺までも、愉しい旅として。
Commented by ぽぷを at 2011-07-26 04:09 x
だよなぁ。しみじみ。
自由に生きてく方法なんて100通りもあるんだし、
ま、人生=旅よ。道づれよ。
マキさんと、どっかの茶店(ちゃみせ)で会えるといいね。
待ち合わせしなくとも、必然めいた偶然てよくあるもの。
Commented by makisaegusa at 2011-07-26 15:45
>ポプヲ

うん。違いない。
茶店かあ、やっぱり、峠にあるのかなあ?
すでに、4ヶ月半で、呼吸が乱れ気味だから(笑)、あんまり山は上りたくないけども。アハハ
でも、やっぱり、峠辺りの茶屋の方が、見晴らしよくって、気分いいかも?!
世界のどっかで、ほーーーーんと偶然に会うのなんて、すっごい簡単、きっと!!
最近、シンクロニシティの起こるテンポが、めっちゃ急激だから、なんてことないね。
ワクワク。
あ、最近、水戸黄門の唄、歌ったよ。3番まであるの知ってるー?(笑)
なかなかの歌詞です。
Commented by ぽぷを at 2011-08-03 03:57 x
ご懐妊かよ!?素敵な子が産まれますように(祈り)
ハフュッフェンの三つ子希望。
Commented by ぽぷを at 2011-08-03 04:06 x
4番もあるでよー。
Commented by makisaegusa at 2011-08-03 04:49
>ぽぷさま

ご懐妊て、アハハ。
ナーーーイ!!笑
震災からの年月!!

・・・で、4番あるの?!
そんなの初めて知ったーーーー!!
どっかに歌詞があったら、ご一報を。
へーーえ。
もう、3番で充分、いい事言い切ってると思ったのに。
やるなあ、ゴロウコウ。笑
<< 食卓のデザイン#23:ローリン... お伊勢参りと京都一寸:#8 新... >>