60兆のしあわせ。

世界を貫く、一つの法則。

繋がり合い生まれる、事象。

私という、不可思議な物体を創り出している形。

60兆個の細胞。
d0018646_1445941.jpg
バスタブの中、自分の足の指と指の間を見ながら、なぁんて、奇妙で面白い造形なのだろうかと思った。
細胞ひとつひとつが、繋がり合った賜物としての、この存在。

そして、考えた。
この身体の細胞が、ひとつ残らず、幸せを感じたことってあるのだろうか?と。
それは、どの瞬間だったんだろうか?と。
誕生の瞬間?
それとも、受精卵になった瞬間?
果てない想像に、記憶は伴わないけれど。

何よりもまず、私は、自分を構成する、60兆の全細胞を喜ばせる生き方をしようと、心に決めた。
浮き立つような、沸き上がるような、まだ知り得ぬ、その瞬間を探究すべく。
この60兆を、慈しむ。
呼吸ひとつをも、喜びに変える。

極小の細胞から成る、自分をイメージしてみるだけで、言葉も行動も、もっとシンプルに、あるべく方向に向いて行きそうな気がする。

「60兆のしあわせ」を探す、日々の始まり。
project "60000000000000 cells' happiness"!


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2011-06-20 05:14 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/13840808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by love_spuirrel at 2011-06-24 01:43
素晴らしい!
Commented by makisaegusa at 2011-06-24 04:23
>リスさま

それは、ありがとうゴザイマス!
<< ハフュッフェン社の復興支援:8... お伊勢参りと京都一寸:#2 五... >>