HERE is VERY WHERE.

d0018646_4184187.jpg
神社の境内のような、歩くとザッザと鳴る地面。
その広場を、人々が行き交う。
目の前には、重厚で大きな扉。
どうやら、それは、世界のあらゆる聖なる地へ繋がっているという。
そこが、どこで、自分が、どこへ向かおうとしているのか、私は、別段気にすることもなく。
間もなく、その扉が開かれるとき、輝く光に向き合って、顔を上げて一歩を踏み出す。
・・・その瞬間、途切れた、いつかの印象的な夢。
また、続きを空想しながら、ここが、ここであると同時に、すべての場所と同義であることを、強く意識。
それは、言葉を遥かに凌ぐ分かりやすさで、この体内に心地良く浸透し、私に、滑らかな納得を与えた。
すべての場所は、ここに集約され、また、すべての場所と溶け合っていく。
時空の概念を超越した、何か、、、答えらしきもの。

現実の壱、親戚から、赤福を貰う。
現実の弍、祖父の命日。
現実の参、友だちから旅の誘い。
そんな、タイミングが重ねた、シンクロニシティ。

そうだ、伊勢に行こう!

故に、本日より、ちょっとそこまで、伊勢参り。(笑)
行ってきます。
この直感の導くままに。


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2011-05-20 05:20 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/13614216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jimmy at 2011-05-23 01:08 x
>maki
直感は、きっと正しいに違いない
いま、どこか一箇所、祈りを捧げる場所を選ぶならば
お伊勢さんしかないだろう

makiはたぶん、何かに導かれていったんだと思う。

衣食住の恵みの神と、日本国の総氏神に、僕の分も祈ってくれ・・・
この国の未来に光りがあるように
Commented by makisaegusa at 2011-05-23 21:40
>Jimmy

このタイミングで、見事に伊勢を訪れた、、、という、そのこと自体に、深い意義を痛感。

新緑の香りを深呼吸するたび、世界への祈りを解き放つかのように、神聖なエリアを歩いていると、
実に、ここは生きているなあと、しみじみ思いました。
地球をこんなにしてしまって、ごめんなさいと謝罪を込めて、あいさつしたら、
この現実世界を変えられるのは、やはり、この世界に生きる私たちでしかないのだよと、言われているような気がしました。
ああ、アマテラスめ。笑
マインドトラベルでした。
さて、、、、と。
<< オ伊勢参リ帰リ。 [RECOMMEND] 署名 ... >>