カナタ。

d0018646_12501394.jpg
この街を去った友だちが、いて。 あの街に戻った友だちが、いる。
この国を去った、友だちがいて。 あの国に戻った、友だちがいる。

誰もが、自分にとって快適の場所を、それぞれに求め、探し、定め。
生きる場所を変えながら、それぞれの目的地に辿り着こうとする風景は、静かに勇敢で、空気を切り開く伸びやかさを秘めているから。
距離の与える寂しさよりも、ずっと、私は、頼もしさと喜びを覚えたりする。

そして、また新たな出発の日。
誰もが見上げる、ひとつの空に向かい合って。
私は、エールを送る。

最後に、太陽を一瞥。
祈りを託して。


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2011-02-01 12:49 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/12810037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by イチゴ at 2011-02-04 08:47 x
色々な言葉がとても勉強になります。しかしながら「昔の限度」を拝見させて頂いた時は感動致しました♪
大家族で育った事が世間からズレている様に思われる時もありましたが、これで良かった証を言葉で頂いた気持ちです、ありがとうございます。
Commented by makisaegusa at 2011-02-04 14:40
>イチゴ

おお、勉強になっているのかぁ!!?
まあ、勉強にならないよりは、いいね。笑
こちらこそ、ありがとう☆アハハ
そして、読んだ人に安心を与えられたと知って、私も嬉しいです。

たぶん、私はそんなにボキャブラリーが多ぉおおおおおおい!!というわけではないのだろうけど、
その感情を、なんとかうまく表す言葉を、いつも模索しているから、
そういう意味で、きっと他で聞いたような表現じゃなく、色々な言葉に感じられるのかもしれません。
感情のひだの数は、既存の言葉では表せないと、思っているから、使い古しの表現をしたくないのが、私の信条なのです。イヒ、ヒ。
イチゴの文章は、よく「しかし」が出て来るね。笑
Commented by さいこ at 2011-02-05 16:45 x
そんな思いを言葉にできるのはまきさまの特権なのです☆
私は読書量が多いのにかかわらずボキャブラリーがポブレです。。
まきさまはボキャブラリーとっても豊富です!
Commented by makisaegusa at 2011-02-06 01:19
>さいこ ポブレさま

そういえば、Punta Arenasだっけ??
私は、あの街で、バーガーのポブレを食べました。
野菜サンドみたいなやつ。
そして、コンパンナを飲みました。
これまた、懐かしい。
バンコクのサチは、元気かしら?

サイコ!
インプット、アウトプット、インプット、アプトプット。
そのバランスが、いつでも大切。
偏っては、コケますよ。笑
Commented by さいこ at 2011-02-07 15:18 x
アウトプットが下手なんですよね。いつも言葉のパターンが同じだったり。だからインプットも同じく。。私の人間としてのキャパがまだまだ狭いと最近仕事を通して実感しております〜。日々鍛錬です!

もちろん、アンブルゲッサ・ポブレは印象に色濃く残ってます 笑 それを頼んだまきさまと名前よりポブレではなかったのが愉快でした!!あのメニュー表の看板、写真に撮っておけばよかった!サチさんと3人でハッピーで愉快な空間と時間過ごせた一時でした〜、そんな一時がたくさん詰まった南米南下の旅だったな〜☆
Commented by makisaegusa at 2011-02-07 22:27
>さいこ

おお、ポプレを覚えていたか!?
ついでに、思い出すのは、氷河を食べられなかった思い出。笑
ちょうど、今日、雑誌ニュートンのバックナンバーを眺めていたら、知っている景色に出会いました。
それは、パイネの二つの神秘的な湖と彫刻みたいに切り立った山の写真。
ああ、これって、あの場所だなって分かる自分と、その記憶にちょっと感動。
すごい場所だったね、あのサンクチュアリみたいなエリア。
地球って、偉大。
改めて、思ったのでした。
ちょっと、パタゴニアの写真、アップしてみようかなあ?うふふ
<< ボウズ見ながら恵方巻。 食卓のデザイン#18:ティーバ... >>