昔の限度。

d0018646_2434952.jpg
おばあちゃんが、マキが生まれたのなんか、この前のことみたいやわと言うから。
人は、一体どれくらい昔までの記憶を蓄えられるんだろうかと、私は考えた。

もし、100才まで生きたとしたら、80年くらい前のことは忘れてしまうのかな。
もし、200才まで生きられるとしたら、100年くらい前のことは忘れてしまうのかな。
いや、たぶん、そういうことじゃない。

人は、もしかしたら、未来に伝えるため、人生の長さ分の記憶は、覚えていられる仕組みになってる。
思い出して、あれはこういうことだったんだよって、次の世代に教えてあげられるように。
そんなときは、こうすると良いんだよって、分かち合って、背中をそっと押してあげるために。
どれもが、ついこの間のことみたいに、記憶の引き出しにしまわれているのかもしれない。
どれほど長く生きてみたって、きっと、人生は短い。
そういう風になっているんだろうなって。

今は、そんな思考の島に、一時着地。
答えを出すのは、私が、100才まで生きた時まで先延ばし、ということで。


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2011-01-09 02:43 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/12681462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さとし at 2011-01-12 20:13 x
多分、人間は単純にいえば今から20年も覚えてないと思う、覚えてるやつはすごいね。ちょっとした記録って大切だと思う。 人間は1枚の写真で思い出す過去の記憶が多いしね。写真や音楽は大切だねー!
Commented by makisaegusa at 2011-01-14 03:35
>さとし

奇ッ遇!!
ちょうど、夢にさとしが登場しました。
道を全然覚えてない私の、道案内をしてくれていました。
その節は、ありがとう。笑

そうそう、友だちの一番古い記憶を訊いて調査したことがあるけどね。
覚えてる友だちは、まだ歩く前の記憶を持ってたよ。
すごいよねーーーーえ。笑
私は、3才くらいが最古だけど、ずっとずっと日記を書いてるから、それ見たら、かなり何でも思い出せるよー。
しかも、10年日記を高校のときから。
あれは、おすすめなので、さとしも使うと良いでしょう。笑
ちょっとした、ヒントで思い出せるから、面白いよね、記憶。
海馬、サンキュウ。w
Commented by さとし at 2011-01-14 23:03 x
10年日記つけてるんや!俺の回りで初めてです!俺はだいぶまえに彼女と別れたときに、自分を見つめなおすために日記つけてたけど、今はブログが日記がわりかな!
あなたの夢にまで登場!なんて図々しい!その節は失礼しました(笑)
Commented by TAKA at 2011-01-14 23:41 x
親になった今、僕にできることは、我々の祖先の経験を子供たちに
伝えることだと思うようになったよ。

ぼくが死んでも娘や教え子たちに経験や思想が受け継がれて
ゆくような、そういうシステムの根底になければならないのは、
マキちゃんが専門に扱っている「愛」だね。

どんな子供も生きてく力を大人に与えるのは、彼らが生きていく
ために大人から経験を学ぶためなんじゃないかな。
Commented by makisaegusa at 2011-01-15 02:15
>さとし

えっへーーーーーん!
小学校のときから、宿題以外でもずっと日記をつけてたんだけど、
高校のときから、10年が一冊のをおじいちゃんが書いてたのに感激して、以来、10年日記。
で、もう二冊目。
私は、この二冊があれば、なんでも過去を思い出せると信じてるから、
とりあえず、災害があったときは、これを持って逃げようと思っています。笑
すごい財産ーー!!です。いひひ
私にとって日記は、外付けハードみたいなもので、私はいろいろ忙しいから、代わりに全部覚えといてもらう感じ。
さとしも、またつけてみればー?日記!

ちなみに、夢の中では、案内してくれたけど、
一緒には行ってくれなかったので、今度からは、もうちょっと丁寧に案内していただければと思います。笑
Commented by makisaegusa at 2011-01-15 03:06
>TAKA

タカサーン!!
お父さんや、その世代の人たちが、次の世代に残すことを話すのを耳にする度に、
私も、大きな流れの一部に居て、同じくそのミッションを負って生きているんだなってことを想像します。
それから、なんだか安心感を感じます。
みんなが、色々なタイミングで生を受けて、また死を迎えることも、
伝えていくための、うまい仕組みなんだろうねえ。
とても当たり前のシステムだけど。笑

こより、みたい。
お互いに与え合って、そして紡いでくんだね。
うまいことなってるーーー!

タカサンは、最近、マリアパスに、hijoと呼ばれてるんだってねー。余談。笑
しのより情報。
<< 「いまさら八月十五日を祝う杯」... ハフュッフェン社の出張「突如贈... >>