同窓会と傑作アナログ写真。

90人ほどが出席したという、人生初のしっかり同窓会に、年明け早々、行って来た。
中学校の頃から幾年月、、、、知ってる顔も、知ってる風の顔も、知らない顔も、色々が集結したその宴。
私の頭の中では、過去の記憶との照合活動が必死に行われ、息つく暇もない、幸福な面倒くささ。笑
d0018646_128719.jpg
同級生が遺した特別のギフトみたいだった、その日の出来事は、自分のルーツに触れる、面白い過去と現在の融合で、
女の子は、バッチリメイクになり、男の子は、おっさんになり(笑)・・・
見た目は、それぞれ変化したけど、良くも悪くも、人はまっすぐに育ってくんだなあと、しみじみ感慨に耽りながら。
ただひたすら、色んな友だちと会話を交わし、時に、自己紹介に始まって、昔と今を語り、もう喉がひび割れるかと思うほど、喋り倒す時間を過ごした。

繋がるには、意味があって、繋がらないにも、意味がある。
自分の始まりの場所にタッチして、今の自分を確かめて、そして、また明日に向かって行ける力をチャージしたような気がする。
ついでに、ついつい、一等のデジカメなどをサラッと当ててしまい、次の幹事候補かと危ぶまれながらも、
それは時間が解決するだろうと深く考えず、とりあえず、自分の幸運に感謝する、今年のスタート。笑

写真は、幹事の一人、中村くんが私のたっての要望にて持参してくれたもの。
愉しかった小5の3学期に開催された、クラスお別れ会のスペシャルにザンネンな写真。
- 完全に目を閉じている私。
- リッツにクリームを塗っている、真剣な小岩くん。
- 人生に絶望したかのような顔のリサ。
- 唯一、カメラ目線の中村くん。しかし、真顔。
さらに、どういうわけだか、このアングル。
まるで、左の隅にもう一人居るのでは?と思わせるような、恐怖。笑
全く統制の取れてない、バラバラ感、、、
アナログ写真ならではの、この間の抜けた完璧な未完の情景は、あの時代を彷彿とさせる、特別の幸福を思い出させてくれて、息が抜けた。
そして、1名人員不足ながら、当時のまんまの表情と仕草を、忠実に再現し写真を撮り直すという、愉快なイベントも開催。
なんて、ワーーーーンダフル!!

凄い人口密度で、幕開けした今年。
一体、どんな多くの人との出会いが待っているのかと、楽しみにもなってくる。
さて、次の同窓会は、いつ開催されるのやら。(私が、幹事になったりする可能性は、考えず。笑)
言葉を越えた感動的な、よい日。
サンキュウ。
by makisaegusa | 2011-01-03 22:50 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/12651187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さいこ at 2011-01-07 18:17 x
同窓会楽しそう!子供のころの写真はへんてこりんなものが多いですね。でもそれが本当に周りや時間を閉じ込めていて。おもしろい!
もう東京への帰路の中ですか?ぶおんびあへ!
p.s 代行したかったのはわんちゃんとでしたが、許されないのでそのダルメシアンの2番手に繋いでください〜 か黒子のようになってスパイするか。。どんどん変なアイディアが。。とよ子さんとまきさまに一度お会いした〜い!
これまた愉快な幕開けな年ですね〜!!!
Commented by makisaegusa at 2011-01-07 22:23
>サイコンタ!

昨日、岡山でダニとザクロに会い、神戸でナツとナツの白眼が得意なベイビーに会い、
再び東京に戻りました。
今日から、しっかり再始動。

岡山には、タオシンと今年のハフュな打ち合わせと、ヘアカットのダッシュな滞在だったから、
結局、サイコに会えたら渡そうと持参していた誕生日プレゼントも渡せぬままでした。
無念ぢゃーぁ。
空レーベルの未発表の作品だから、ぜひぜひ早く見せたいデース。
送ろっかー??
Commented by makisaegusa at 2011-01-07 22:36
>さいこ2

ケータイからコメントを書き込んだら、とってもアホな文章になってました。(笑)
失礼。
Commented by tomoko at 2011-01-16 09:52 x
私も3日同じく中学のクラスの同窓会、39人中3人がもう亡くなり、孫子がくるのでこれない人(因みに最高孫数9んと・・・私ゼロ)親の介護や親が亡くなったとかで14人の参加、数年に一度で次は還暦、定年時と別れました。いいねえ。若くて・・・。
Commented by makisaegusa at 2011-01-17 05:00
>tomoko

そうでしたか。
私たちの同級生でも、学年で、だけど、数人が亡くなっていました。
なんだか、そういうもんなんだなあ、なんて思いながら、随分時間が経ったんだなあって、しみじみ思ったり。
同窓会、家族も一緒に参加出来るようにすれば、ねえ。
まあ、それはそれで、何が何やら、訳が分からなくなりそうだけど。笑
今回の同窓会も、ある同級生が亡くなり、そのお葬式で集まった友だちたちが幹事になって、開いてくれた会だったから、
私は、彼がギフトしてくれたような気がしました。
大切にするんだよーって、教えてくれたんだなあって。

私たちの同窓会は、今回が初めてだったんだけど、うちの親たちが、昔から出掛けて行ってた意味が、やっと分かりました。
ルーツが、近くにある人たちと会えることは、なんか、とってもあったかい!
<< 長年のホープと奥深いピース。 WA RA SHI BE 20... >>