タラコ・ドリップ。

「タラコは、コーヒーですか?」
幼き日の従兄弟が、何の脈絡もなく、そんな言葉を言ったので、私は、衝撃の余り、吹き出して爆笑!
その事件後に、どこからともなくピーピーと音が鳴り出す・・という、たいそう変哲なる"夢"を見た朝。笑
そのピーピー音、現実世界では、私の鼻が鳴る音だったと発覚し、さらにアハハな目覚めに始まった長い一日は、
終わるべき時を終わらず、徹夜にて朝を迎えた私は、そのまま帰省ラッシュをかいくぐって、実家への旅。
d0018646_3501373.jpg
そして、戻って参りました、関西!
経度にして、時差約20分の距離を越えれば、いつもの日没時刻でも、まだ微妙に明るい。
そんな、ささやかな発見も喜ばしい、こっち世界の時間帯に搭乗。

残された時間に、せめて、今年のまとめとなる沈思黙考を、切望しつつ。
雑念と戦いながら、年末のあれこれ。
お墓参り、掃除、やり残した仕事各種。
忙しさの合間、本当に、タラコがコーヒーだった場合を想像して、良い脱力。
ドリップされる、磯っぽいタラココーヒーのイメージが、渋すぎて、、、あぁ、もう。

年賀状は、節分までには届くでしょう。笑


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2010-12-29 03:17 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/12600394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< WA RA SHI BE 20... ハフュッフェン・ベビー*ポッち... >>