ところ症。

d0018646_3494481.jpg
"そこに行けば何かある"だなんて、根拠のない妄信は、最高級の和紙よりも薄い氷の上で、危うい夢を語っているようなもの。
場所への執着よりも先、何処に生きようと、有り様(アリヨウ)が、その人生を司ることに、まず気付かねば。
軽薄な経験だけを糧に、大いなる無謀を、自信と取り違うことが無いように。


⇒これまでの写真とことば
by makisaegusa | 2010-10-12 03:34 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/12081111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TAKA at 2010-10-15 09:54 x
そういう勘違いあるね。若いうちはまだいいけど、大の大人はみっともない。
あと、がんばればできるぞ!なんて子供にいえなくなっちゃった。
がんばったらそれなりになるよ、と言ってます。
Commented by makisaegusa at 2010-10-15 22:18
>TAKA

きっと、がんばったことの蓄積は、自分の中には、しっかり残ってくんだね。
外が与える報酬や結果は、がんばったからって報われるものばかりじゃあないけれど。
一生懸命やったことの経験は、後で、ちゃあんと、自分を支えるものね。
うん。

そっちは、みんなゲンキーーー?
エリサに、篆刻のことを聞かれてね、マキもハンコは遊びのハンコしか作らないなあと、
よい返答が出来なかったんだけど、やっと、よい篆刻キットが発見されました。
近く送る予定。
みんなによろしくね。

この前、唐突に、「病み上がれ、ハナコ!」を思い出したよ。笑
イマジー!
<< やおよろず。 『東京リス部』 2010 始動! >>