平和の日。

d0018646_2155391.jpg
謹賀新年。
たくさんのお祝いのメッセージに、感激の歓喜。
ありがとうの返事だけに、一日に二回の充電をしたケータイは、ポンコツだからじゃあなく、多くの人に愛されている証しとしよう。笑

よくも死なずに、ここまで生きて来られたなあと、当たり前のことに改めて深く感謝して。
育ててくれた家族、出会えた友だち、私に堂々と向かって来る数々の試練(笑)、ごきげんな人にも不愉快な人にも、心の底からのアリガトウを込めて、過ごす誕生日。
自分の歩いて来た道のりを思い出して、長いのか短いのか、ただ一年に一度やってくる特別な一日に浸ってみる。
おばあちゃんの生誕の地、旧・渋谷村、広尾のカフェで迎えたハッピーバースディの会に、巡り合う時間と場所の奇妙な縁を感じながら。
愉快で、気楽で、スーパーオリジナルな仲間たちに囲まれる、ゴージャスな時間から始まった、私の新しいフェイズ。
それはきっと、もっと広々、もっと健やかに動き出すはず。

いつも"PEACE"を口にする私が、終戦の日に生を受けたという宿命じみた現実もまた、私がこの人生で果たすべきミッションを、より明確に指し示す道標のよう。
今年も、多くの人々に、インスピレーションの産物を届けることを、ここに誓って。
皆様、斬新でハッピーなサプライズに、ご期待頂いて、間違いはゴザイマセヌ。
ほんとに、たくさんのお祝いをありがとう。
ただ生きて来ただけなのに、こんなに祝福を頂けるだなんて、恐縮なほど、この上なき喜び。
ああ、なんて幸せ者。
私をお祝いした人には、もれなく、ミラクルな出来事が訪れるでしょう、近い未来、それも唐突に。イヒヒ

世界が、心が、毎日が、いつも平和でありますように。
野望をあえて言葉にするなら、そういう世界をここに築くこと。
さて、本年もどうぞよろしくお願い致します。
かしこ、、、、

そして、忘れるべからず、戦争について学ぶこと、考えること。
⇒「戦争と平和」(2009.08.06)/⇒「戦艦大和の沈没を目撃した人」(2008.09.03)/⇒「Over 63y.o.」(2008.08.21)

潤いのある心と強靭なマインド、しなやかな精神を。

マキサエグサ 2010.8.15
by makisaegusa | 2010-08-15 21:53 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/11754398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アロマティック宝石商:#5 ム... 年越しベーグル。 >>