「いい自転車ですね?」老人。

d0018646_20334185.jpg
セミ子ども」事件から、早くも一年!(⇒「「セミ見ませんか?」少年」)
暑い季節には、老いも若きも軟派な性質に転じてしまうのか?!
2010年夏、またまた巻き起こった、陽気な朝のサプライズ。

「いい自転車ですねェ。」

自転車で、信号待ちをしていた私に、ふいに声を掛けた人物。
それは、見知らぬご老人。
一瞬戸惑う私、しかしながら警戒心を抱かせない、彼のナイス・スマイル。
「ありがとうございます。」と、お礼を言う私。
さらに、彼、臆すること無く喋る喋る。
「いやぁ、私はねえ、今まで色んな自転車を見て来たから分かるんですよ。こりゃあ、いい自転車だ!」
これが"いい自転車"だったとは!と驚く私は、
「へぇ、知りませんでした。これが、いい自転車と分かって嬉しいです。ありがとうございました。」と、喜びの言葉。

・・・ふと閃いた私が、「これ三段切り替えが付いてるから、いい自転車なのかもしれないです。」と意見を述べたなら、
「いやいや、同じ三段切り替えでも、いいやつと悪いやつが、あるからね!!」と、すぐさま、指導を受ける。
なんて、為になる会話!笑
そして、おじいちゃんは「いい自転車だぁ。」と、ますます満足気に、しきりに自転車を褒め讃え、私の手をパシパシ叩きながら、爽快にウフフ。
関西のおばちゃんみたいだなあと思っていたら、「この信号はね、待ってるだけじゃあ、永遠に渡れないよ。」と衝撃の証言!
・・・なんと!!
どうやら、そこは押しボタン式信号。
スタスタ、私に代わってボタンを押しに行ってくれた。
「わ!ありがとうございます。」
「キレイな美人には、優しいんだよ。」と、言いながら戻って来たおじいちゃんに、
キレイと美人を同時に使うなんて文法、長寿の為せるテクニックだなあと、なんてことないポイントに私が感心していると、
彼は、ハンドルを握る私の手の甲をまた叩き、励ますように肩をも叩き、颯爽と去って行った。
私は、余りあるほど愉快な出来事に、その瞬間、何と言って良いのやら、、、咄嗟に出た言葉が、「お気をつけて・・・」。
唐突なハプニングにも、優雅に対応するスキルを、もっと磨く必要があるなと少々反省。笑

やはり、あれも進化系のナンパだったのか?!
毎日は、同じようで全然違うから楽しい。
今日も、ほんわか面白い人材に出会えた、感謝!
あとは、セミを見せてくれる少年に会えれば完璧。
by makisaegusa | 2010-08-06 20:33 | Antique camera-昭和カメラ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/11707588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by naomin at 2010-08-09 16:20 x
セミ少年!!
あれ、去年やったのね!
それにしても、イイ自転車★
私は今、るいと乗れる素敵な自転車を探しているのです。

そして、
>唐突なハプニングにも、優雅に対応するスキル

これ、私が今一番欲しい技(笑)。
Commented by Dany at 2010-08-09 21:34 x
進化系のナンパとはとても自己中。 笑
じいちゃんも言葉に味付けしてくれた?

おもろいタイミングのいい自転車。
Commented by makisaegusa at 2010-08-10 22:15
>naomin

そうそう!
あのキュートなセミこどもは、去年の事件でした。
うふふ
思い出しただけでも、よだれが出そうやわ。笑
あの、かわいさったら!!

ルイと乗れる自転車は、またビビッドなビューンと走りそうなやつかな☆

ちなみに、この記事、ナオミチャンのことを思い出しながら書いたよー。グフフー
Commented by makisaegusa at 2010-08-10 22:25
>Dany

今度、あのじいちゃんに出会ったら、実は曲がっているハンドルを直して下さいとお願いしようかなと思っております。
計画性のある逆ナン。
<< ノアンと小人とシドニーの会。 まつたう。 >>