オソメ謝辞。

d0018646_325364.jpg
今週20日より、汐留の共同通信本社ビルで開催中の『生きてく子ども』写真展。
会期に入ってから、準備の疲れか喋り過ぎか、とにかく夜は、強烈睡魔にやられてグーグーの日々。
故に、たいへん遅くなりましたが、ここに謝辞を。
展示に至るまでに、ご協力・ご尽力頂いた多くの方々、そして、突然のお願いを快く引き受けてくれた仲間たち、
そして、写真展にお越しいただいた方々、これからお越しいただける方々にも、心からの感謝を申し上げます。

写真展を通じて繋がる、新しい関係を目撃するのが最近の喜び。
繰り返しのように思える毎日が、ささやかな偶然の重なり合いに誘発されて、事件に変わる瞬間的ケミストリーが喜ばしい。
温かな心の持ち主に囲まれて、生きていられることが心底嬉しくて、感謝の言葉は永遠に言い終われない。

幸福は、感謝に似た形をしているのかも。
by makisaegusa | 2010-01-22 23:58 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/10691392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< A. 出っ歯ですか? - B.... 「ブログビンゴ第二回大会」の開... >>