モアイの知らせ*ギャラリーにいる日いない日 - 今月編。

d0018646_236201.jpg
20日から始まる「生きてく子ども」写真展。
先日お知らせした通り、おめでたい行事の為「23日(土)は不在」
加えて、翌週の26日(火)と28日(木)も、終日ギャラリーには出没しませんので、私に会おうと企んでいる方は、くれぐれもお間違えなきよう。

明日は、いよいよ作品の搬入!
慌ただしい準備の日々も、やっと終わりを迎えます。
ひといき。
会期中は、日々喋り倒すことになると思うので、明日ばかりは、貴重な束の間の休息。笑
お越しの皆様、覚悟をお忘れなく! ヨウコソ!!

*****************

PHOTO EXHIBITION by MAKI SAEGUSA   三枝真紀  写真展 『生きてく子ども』

会期:2010年1月20日(水)〜2月19日(金) 9:00〜19:00 会期中無休 入場無料
会場:汐留メディアタワー(共同通信本社ビル) 3階 ギャラリーウオーク
東京都港区東新橋1-7-1 TEL: 03-6252-8086
■新橋駅から徒歩約7分(JR線・東京メトロ銀座線・都営大江戸線) ■汐留駅から徒歩約1分(新交通ゆりかもめ・都営大江戸線)
主催:生きてく子どもプロジェクト
協賛:在日チリ大使館・Fundacion San Jose・T.T.T. PROJECT

2007年、南米チリで発足したプロジェクト『生きてく子ども』。
首都サンチャゴの、とある施設に暮らす少女たちを訪れ、私たちは、静かに取材を始めました。
今回の展示は、真摯に今を生きる彼女たちの、写真と言葉の記録。
伝えたいのは、悲劇のリポートではなく「生きる」を動詞することの意味。
・・・これは、少女たちから私たちへの、命のメッセージ。
"Vivir" significa esto. ー 「生きる」って、こういうこと。

生きてく子どもHP⇒http://ikitekukodomo.com 
by makisaegusa | 2010-01-19 02:51 | Exhibition/Event-展示 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/10678293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asami at 2010-01-19 09:58 x
なんと!会社から走って15分の場所ではないですか!
それも、会社→家の方向

仕事帰りに寄る運命?

いるときにいきたいな。喋り倒してください。
Commented by asami at 2010-01-19 10:01 x
あ、準備などなど、おつかれさまです!
でも準備の達成感とか、運搬の達成感とか
沢山の達成感。
おすそわけしてーってくらい、いいなあ、って思う!
Commented by makisaegusa at 2010-01-19 23:18
>asami 1

クラウチング派? スタンディング派?
よいダッシュでヨウコソ。
てゆうか、走らなくていいので、ゆっくり来てください。笑

あの場所では、方角が、カラッキシ。
なんなんだろうか、あのビル群。
来る時は、ちゃんと前もってゆうんだよ。
私、飽きたら帰ってると思うから。アハハ
Commented by makisaegusa at 2010-01-19 23:21
> asami 2

まだまだ、作品以外の準備がたくさん。
最後まで、気が抜けません。
一ヶ月は長丁場なので、気の抜きどころをスケジュール見て、予定に組み込まねばと、野望中なのです。うふふ

最終日のあとの搬出の後に、やっと達成感かしら?
ワクワク。
毎日でも、来てねー☆ランチに誘い出すのも、グッドなアイディア。w
Commented by sakamoto at 2010-01-30 23:38 x
坂本です。今日はいろいろお話できてとても楽しかったです^^
”生きる”とは・・・・・。改めてがんがえるとてもいい機会ありがとうございます。

またいろいろお話聞かせてください^^
Commented by makisaegusa at 2010-01-31 00:14
>sakamoto

わーい♪
早速、ありがとう。
今日は、とっても楽しい時間を、こちらこそ、感謝!!
また、いっぱい話せる日を、心待ちにしてます。
ワクワク。
<< 新橋経済新聞に掲載のインタビュ... WA RA SHI BE 20... >>