写真展「生きてく子ども」の案内状をドウゾ。

d0018646_1650236.jpg
20日からの写真展を前に、最後の最後まで、写真選びに迷う日々を経て、遅ればせながら、「生きてく子ども」のDMを発送致しました。
狭いスペースに、なんだかかんだかメッセージを書いていたら、ほんとにギュウギュウ詰めの文字レイアウトになって、ハガキがちょっと、重そう。笑

ともあれ、間もなく到着する予定なので、詳細など確認用にドウゾ。
届けられると思ってたのに、数日たっても届いてない場合は、ご遠慮なくお知らせ下さい。

photo: DMを運んでいる郵便屋さんのイメージ。シルエットに哀愁。

*****************

PHOTO EXHIBITION by MAKI SAEGUSA   三枝真紀  写真展

会期:2010年1月20日(水)〜2月19日(金) 9:00〜19:00 会期中無休 入場無料
会場:汐留メディアタワー(共同通信本社ビル) 3階 ギャラリーウオーク
東京都港区東新橋1-7-1 TEL: 03-6252-8086
■新橋駅から徒歩約7分(JR線・東京メトロ銀座線・都営大江戸線) ■汐留駅から徒歩約1分(新交通ゆりかもめ・都営大江戸線)
主催:生きてく子どもプロジェクト
協賛:T.T.T. PROJECT

2007年、南米チリで発足したプロジェクト『生きてく子ども』。
首都サンチャゴの、とある施設に暮らす少女たちを訪れ、私たちは、静かに取材を始めました。
今回の展示は、真摯に今を生きる彼女たちの、写真と言葉の記録。
伝えたいのは、悲劇のリポートではなく「生きる」を動詞することの意味。
・・・これは、少女たちから私たちへの、命のメッセージ。
"Vivir" significa esto. ー 「生きる」って、こういうこと。

http://ikitekukodomo.com 
by makisaegusa | 2010-01-07 16:49 | IKITEKU KODOMO-生きてく子 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/10642891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-01-10 10:48 x
案内状届きました!!
今度時間がある時にいってみようと思います♪
Commented by ゆう at 2010-01-10 13:40 x
昨日DM届きました(^▽^)♪
1ヶ月と結構長期に渡ってやるのですねぇ...
お休みの日に行きたいと思っておりマッスル☆
Commented by makisaegusa at 2010-01-10 15:41
>幸

ありがとう。
一枚にしようか、二枚にしようか迷ったけど、一枚にまとめて書きました。
二人分。笑
来るときは、ゆってねー☆いつもいないと思うから。
Commented by makisaegusa at 2010-01-10 15:42
>ゆう

そっちにも、届いたのね☆
ようこそ、ウェルカーーーム!
ちょっとした旅気分で、どうぞ。笑
Commented by TAISUKE at 2010-01-12 15:10 x
あけましておめでとう!
DMありがとー
メアド聞いてなかったことに気づき、こちらで新年のごあいさつ
必ずみに行きます。
サイトの方もみました、みたいなって強く素直に思ったよ☆
ドキドキです
Commented by makisaegusa at 2010-01-13 13:47
>TAISUKE

あけまして、おめでとう、とら!
わざわざメッセージをありがとね☆
展示、お越しの際は、ゆってねー。いつもいるわけじゃないから。笑
今年も、タイスケによいことがありますように!
<< エリサ、リナルド、ハポン文化。 届いた手紙を添削して送り返す新... >>