晦日集。

d0018646_30593.jpg
一年で最も東京の空気が澄み、風通しが良くなる時節。
もうすぐ、終わろうとしている今年。
誰もが、自然と一年を振り返る頃合い。
人間が振り返る生き物でよかったと薄ら考えながら、私もまた、365日のフレーズに想いを馳せる。

何にせよ、所詮、我々が当初に抱く類いのイメージなど、良くも悪くも裏切ってくれるのが、現実の未来というものであって。
私にとっての今年も、ありがたいことに全くもって予測不能、奇遇な事件と奇跡的エピソードの集合作品に完成した。
今は、山も谷も、マルもバツも引っくるめた出来事の連鎖すべてに、愛着と感謝の念。
今年最後の一日くらいは、いつもよりも細やかな気持ちで過ごしたいもの。

・・・などと優雅なことを話しておきながら、あと数時間後には新幹線に飛び乗って、慌ただしくも実家に帰省。
未だ、何も準備していない、私らしい泥沼感が、自分の相変わらずさを感じさせて笑える。
そんな大晦日、太陽手前の時刻。

皆様にとって、すばらしい新年を心から祈願。
by makisaegusa | 2009-12-31 02:05 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/10613417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 笑い納め 2009 - ヒゲとよ子。 アロマティック宝石商:#2 シ... >>