『生きてく子ども』のHP完成!

d0018646_2333283.jpg
2007年に南米チリで始まったプロジェクト「生きてく子ども」

来月下旬(2010年1月20日)からの写真展を前に、着々と準備を進めていたHPの制作が、やっと完了。
日本語、スペイン語、英語、三か国語でのスライドショウを完備した、ブエニシモな出来映え!
元々、日本語バージョンだけだったものを、心強い仲間たちの翻訳協力により、スペイン語と英語でも実現できたことに、深く深く感謝。
ほんとに、ありがとう。
これにより、『生きてく子ども』のHPは、一応の完成を迎え、ひとまず一息。
ブラボー!とグッジョブ!
d0018646_22292389.jpg

ゆっくり、ご覧下さい。
スライドショウは、⇒こちら
あとは、スライドショウにナイスな音楽を付けてくれる、よい心の持ち主を募集しておりますので、どうぞよろしく。笑
首ナガに、ご連絡を待機の心意気。ニヤリ☆

では、私は、新たな心で、写真展の準備にかかるとしよう。
ここから会期までの一ヶ月、よい世界を表現してくれるであろう、自分のポテンシャルに期待を寄せつつ。
さあて・・・。

DMの発送希望がある場合は、ご遠慮なく。メール⇒E-mail to me



PHOTO EXHIBITION by MAKI SAEGUSA   三枝真紀  写真展

会期:2010年1月20日(水)〜2月19日(金) 9:00〜19:00 会期中無休 入場無料
会場:汐留メディアタワー(共同通信本社ビル) 3階 ギャラリーウオーク
東京都港区東新橋1-7-1 TEL: 03-6252-8086
■新橋駅から徒歩約7分(JR線・東京メトロ銀座線・都営大江戸線) ■汐留駅から徒歩約1分(新交通ゆりかもめ・都営大江戸線)
主催:生きてく子どもプロジェクト
協賛:T.T.T. PROJECT

2007年、南米チリで発足したプロジェクト『生きてく子ども』。
首都サンチャゴの、とある施設に暮らす少女たちを訪れ、私たちは、静かに取材を始めました。
今回の展示は、真摯に今を生きる彼女たちの、写真と言葉の記録。
伝えたいのは、悲劇のリポートではなく「生きる」を動詞することの意味。
・・・これは、少女たちから私たちへの、命のメッセージ。
"Vivir" significa esto. ー 「生きる」って、こういうこと。

http://ikitekukodomo.com 
by makisaegusa | 2009-12-20 21:53 | IKITEKU KODOMO-生きてく子 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/10579444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by e/ at 2009-12-21 12:40 x
開設オメデトー!
近く、ウチのブログでも紹介しときます。

写真展☆ワクワク
Commented by makisaegusa at 2009-12-21 18:40
>e/

とことん、忙しい風が吹いているイーーーーーサーーーーン!!!笑
ミアの写真は、いつ撮らせてもらえるのか?!いひひ
ご紹介感謝!
そろそろ準備しないとヤバいなと思いつつ、この寒さで、ぜんぜん動けない自分。笑
だって、こんなん寒すぎるーーー!!
イーサン一家は、みんなお元気??
来年、大阪ーーー??気になります。
Commented by TAKA at 2009-12-23 09:22 x
うわーーーーー!
いつの間にかいろんな人が参加してくれていて、ありがとう、ありがとう。
マキちゃん、フェリシタシオーネス!
こちらからも宣伝します。
そしてたまっているインタビューをどんどん送りたいと思います。
SanJoseにも伝えるね。
Commented by makisaegusa at 2009-12-24 15:46
>TAKA

いひひーーーー!
うん、いろんな人たちが協力してくれて、ほんとに幸せなことです。
そろそろ写真の準備を始めます。
ストーリーのまとめ方とか、頭の中でもグルグルとなにやら忙しいです。うふふ
みんなへのお知らせありがとう。
タカさん、音楽つくってくださーーーい!笑
Commented by TAKA at 2009-12-26 05:18 x
実はちょっとやってみたのだけど、以前のように狂気とよべる精神状態でやるわけでないからか、なかなかうまくいきません。
どうしよう。。。
狂気を知って戻ってきたものとして何か新しいものがあるはずだとは思うのだけど。
がんばります。
ご迷惑おかけしてすいません。
Commented by makisaegusa at 2009-12-26 18:46
>TAKA

わーーーーあ!!タカさん、ありがとう。
だけど、決して頑張ることなく、焦ることなく、おだやかにねー☆
思わぬとこに、いつも答えはあるのだからーーー!
5年以内にお願いします。イヒヒ。笑
ほんと、気負わずにいてね。
ちゃんと、インスピレーションがやってくるのです。
試みてくれたこと、その気持ちに、心から感謝します。ありがとう。
<< スクラップラブのダンボール工作... スクラップラブのダンボール工作... >>