戦争と平和。

d0018646_1648338.jpg
ある日、私が見た夢は、とても印象的で、
はじまった瞬間に、私は、強い大きな光に包まれて、そして死んでしまった。
それが何かは、分からなかったけど、
私は一瞬で死ねたから、全然苦しくないよってことを、家族に伝えようと思った。
そして、光になった私は、家族のところに飛んでって、だいじょうぶだから心配しないでねって。
・・・そこまでの夢。
目覚めてから、ああ、あれは原爆の夢だったのかもなんて思って。
もし、そうなら、私が終戦の日に生まれたことや、いつもPEACE, PEACE言ってることも、
なんだか奇妙にシンクロしてるみたいで嬉しくなった。

それを思い出しながら、広島に原爆が落とされた日を迎えた記念日。
アメリカには原爆ミュージアムなるものがあり、原爆を栄光として伝えるそこでは、
きのこ雲のポスターや原爆をモチーフにしたアクセサリーも売ってるらしいことをテレビで知った先日。

5000個もの核を保有しながら、核兵器のない世界をうたう、病的なる現実と、
平和式典での説得力のない演説に、辟易しながらも、やっぱり心底、平和を導くための術を思案する。

戦争と平和と比べたとき、多くの労力を強いる「戦争」よりも、明らかに「平和」の方が楽な気がするのに。
ずっとずっと、争いの方ばかりを選んで来た人間の滑稽さ。

ただ、ひとつ、悲惨な歴史を忘れないことが、私たちが受け継ぎ、つなぐべき平和のはじまり。
・・・だと、思う、改めて。
by makisaegusa | 2009-08-06 15:48 | Photo+Kotoba-写真+ことば | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://makisgs.exblog.jp/tb/10076792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by POP_ID at 2009-08-08 13:43
僕らに許された大切な自由をどう使うか?
おしゃべりをして、歌って、ものを作って、字を書いて、
絵を描いて、花を育てて、猫を撫でて。
僕らにはこんなにたくさんの、平和を願う活動の選択肢がある。
ネットの普及で世界と繋がりやすくなりましたが、
まだまだ使いこなしていないのが歯がゆい。
それこそネットゲームで他国の見知らぬプレーヤーを
殺すことを楽しみにしているお方も見受けられ残念。

もっと楽しいゲームやコミュニティができるはず。
国境を越えて、言葉を越えて、性別、思想、宗教を越えて。
Commented by TAKA at 2009-08-08 16:40 x
> 戦争と平和と比べたとき、多くの労力を強いる「戦争」よりも、明らかに「平和」の方が楽な気がするのに。

犬の縄張り争いと一緒で、人間が戦争をするのは人間が動物である証なんだと思います。
これは強い子孫を残すための生の本能で、人間にとってその一番大きな規模の争いが宗教戦争や人種間の争いなんだと思う。
「明らかに」と強調するところに、まきちゃんってやっぱり女性だなあと感じました。
ぼくは自分がそういう争う本能を持っていることを確かに感じます。
父親になってますますあるかも。
女性と男性の違いなんじゃないかなあ。
Commented by makisaegusa at 2009-08-09 03:38
>POP_ID

過去の私たちが、ネット社会なんて想像つかなかったみたいに、
きっと、今の私たちには想像も出来ていないけど、
平和に導く画期的な方法があるんだと、思います。
うーん。
ごちゃつきすぎてることを、ぜんぶ、ハイハイって片付けてって、
さらっと、こちらが平和です、なんて紹介したいなあ。笑
うん。
Commented by makisaegusa at 2009-08-09 03:40
>TAKA

太陽の光が気持ちいい日、芝生の上にみんなでねっころがって、
目を閉じて風を感じてる風景を、思い浮かべるとそれって、
とっても、平和だなと思うのです。
戦うのって、しんどいもん。笑

それからね、たかさん。
荷物、すごい重いよ。
10キロ。
Commented by TAKA at 2009-08-12 04:20 x
人より優位に立ちたいと思う気持ちがあって、そうすると人より優位に立てなくなる人が出てくる。
一方、心からその人たちに哀れみを感じる。
だからいろいろなルールを作ってみんな平等にしようとするのだろうけどさ、そのルールを納得できないときもある。
そういうとき、マキちゃんの言うように、争わないことって争うよりずっと難しいのではないか、と思うのです。
Commented by makisaegusa at 2009-08-13 23:59
>TAKA

うん。
その通りだと思います。

私が、イメージした世界のつづきを考えてたとき。
もしも、芝生の生えていないとこの人がいたら、そこに水をあげたり、
芝生を植えたりしてあげよう、生えない土地ならこっちにおいでよって言おうとか、、、、
そんなことを考えたけど、土地不足がでてきたりするなと思いました。笑
全員が、私みたいなひとだったら、できそうだけど、
みんなが違う性質で、と考えてると、どうも難しいなと思えてくるけど。
それでもやっぱり、どうにかしたいと思うのでした☆
<< 新作デザイン素材集☆発売間近ぐあい。 だいたいたんじょうび。 >>